臼杵の石仏-かつての姿が復活!有名なパワースポットの石仏群【臼杵】

大分の臼杵市にあるとっても有名な「臼杵の石仏」です。

場所は臼杵市内から車で約10分ほど、臼杵インターを降りて少し行ったところにあるとってもメジャーな観光名所です。

こちらは石仏としては日本で唯一、国宝に指定されているとっても珍しいスポット。

園内にはいくつかの石仏群が点在していて、岩壁に刻まれた石仏は60体のうち59体が国宝に指定されています。

ちなみに、この石仏が作られたのは、平安末期から鎌倉時代にかけてのものと推定されています。

石仏はどれもおごそかな雰囲気で、800年以上たつ現在でも荘厳なオーラが漂い、いかにもパワースポットの雰囲気です!

そんな石仏の中でひときわ大きいメインの石仏が「大日如来像」です。

こちらは当初は頭部が胴体からとれている状態でしたが、平成6年の保存修復によって頭部が胴体に戻されました。

現在では無事に「首がつながった」ことから、参拝するとリストラされずにお金に苦労しないご利益があるとされています。

里山の風景が広がる山道を散策しながら、おだやかで優しい表情をした石仏を鑑賞できる「臼杵の石仏」です。

名称:臼杵の石仏 うすきのせきぶつ
住所:臼杵市大字深田804-1
電話:0972-65-3300
駐車場:無料駐車場あり
臼杵石仏のページ

※当サイト内に掲載している情報は取材当時のものです。時間の経過により内容が変化して、実際と異なる場合がございますので予めご了承ください。
また、お気付きな点はプロフィールのアドレスまでどうぞ。誤記など指摘していただけると助かります。

関連記事

【新型コロナの影響について】

新型コロナウイルスの感染防止による影響で、臨時休業など各施設の営業時間が変わっている場合があります。
お出かけされる前には、公式HPやSNSなどで最新情報についてご確認ください。

ピックアップ記事

言語を翻訳

地域のイチオシ情報!

ページ上部へ戻る