お茶と温泉のオブジェ その1 郊外編【嬉野】

美肌の湯で有名な佐賀の嬉野温泉。

そんな湯のまち、嬉野にはお茶や温泉にちなんだユニークなオブジェがあります。

今回は嬉野の郊外にある、でっかいお茶やお風呂のモニュメントシリーズです。

茶楽里(さらり)

こちらは国道34号線沿いに現れるでっかい茶つぼ「茶楽里( さらり)」です。
image

こちらの場所は轟公園の近くにあり、公共トイレと休憩所のある施設です。
image

なお、巨大な茶つぼの中は休憩できるベンチがあり、壁には嬉野温泉の歴史などを紹介したパネルが展示されています。
image

また、こちらは嬉野の西にあり、ハウステンボスなど長崎方面から来られた方を最初に出迎える、とっても目立つオブジェです。
image

器楽里(きらり)

次にやってきたのは、巨大な急須(きゅうす)のオブジェ「器楽里(きらり)」です。
image

場所は県道41号線の途中、吉田地区にある農産物販売所「吉田まんぞく館」の向かい側にある巨大な土瓶型で、こちらも中は休憩所になっています。

なお、こちらは先ほどの茶つぼとセットとなっていて、どちらもお茶の産地・嬉野を象徴するシンボル的なオブジェです。
image

また、こちらは嬉野の郊外にあり、祐徳稲荷など鹿島方面から来られた方を最初に出迎えるオブジェとなっています。
image

インパクトのあるでっかい茶つぼと急須でお出迎え!

あったかい温泉のあとは嬉野茶でゆっくりどうぞ〜

全国的に有名なお茶の産地にある、巨大なオブジェです。

嬉野のキャラクター・ゆっつらくん

最後にやってきたのは、嬉野の郊外にあるみゆき公園です。
image

こちらの遊具のシンボルタワーにあるのが、嬉野のゆるキャラ「ゆっつらくん」です。
image

image

こちらは、嬉野温泉の湯気をモチーフにした公式キャラクターで、今では町のさまざまところで嬉野温泉のPRをしています。
image

ちなみに「ゆっつら」とは佐賀弁で「ゆっくり、ゆったり、のんびり」という意味です。

嬉野は、日本三大美肌の湯といわれる温泉や特産の「うれしの茶」、名物の「温泉湯どうふ」もおすすめです。

みんな嬉野温泉に来てゆっつらどうぞ !
image

※その他の 嬉野温泉のオブジェシリーズ はこちら↓↓↓
関連記事:【嬉野】お茶と温泉のオブジェ その2 露天風呂編
関連記事:【嬉野】お茶と温泉のオブジェ その3 街中編

名称:茶楽里 さらり
住所:嬉野市嬉野町不動山
駐車場:付近に路上駐車場にて

名称:器楽里 きらり
住所:嬉野市嬉野町大字吉田
駐車場:付近に路上駐車場にて

名称:みゆき公園
住所:佐賀県嬉野市嬉野町大字下宿甲2834
駐車場:無料駐車場あり

※当サイト内に掲載している情報は取材当時のものです。時間の経過により内容が変化して、実際と異なる場合がございますので予めご了承ください。
また、お気付きな点はプロフィールのアドレスまでどうぞ。誤記など指摘していただけると助かります。

関連記事

【新型コロナの影響について】

新型コロナウイルスの感染防止による影響で、臨時休業など各施設の営業時間が変わっている場合があります。
お出かけされる前には、公式HPやSNSなどで最新情報についてご確認ください。

ピックアップ記事

言語を翻訳

地域のイチオシ情報!

ページ上部へ戻る