佐賀で有名な庭園「九年庵」に行ってみた。【神崎】

今回やって来たのは、佐賀の神崎にある「九年庵」です。

期間限定公開の人気スポット

こちらは明治時代に活躍した佐賀の大富豪、伊丹弥太郎が9年の歳月をかけてつくった別荘と庭園です。

なお、この九年庵は九州でも有名な観光スポットで毎年、春と秋の年に2回しか一般公開されないとってもレアなお庭です。

*春はゴールデンウィークの期間と、秋は11月中旬(11月15~23日)の9日間だけ一般公開されています。

※写真は春の一般公開時の写真です。

なお、秋の一般公開は特に人気で、全国各地から団体客や家族連れなど多くの人々が訪れます。

また、期間中は車で来られる方が多いですが、周りに駐車場があまりなく、吉野ヶ里公園の臨時駐車場に車を停めると、無料のシャトルバスに乗って約10分ほどで九年庵近くの仁比山公園に着きます。

※写真は公園内にあるもみじの湯です。

こちらでは横の川を眺めながら無料で足湯を楽しめます。

九年庵を見学するには

到着すると、まず参道入口の向かい側にあるこちらの九年庵本部受付で整理券をもらえます。

その整理券の順番に沿って九年庵に入ることができますが、待っている間は本部の周りにあるいろんな出店スペースで食事休憩ができたり、付近の公園を散策できます。

※上の写真は公園内にある愛逢橋です。

日本初のトラスト工法による木の橋で、上から川をのぞくと結構高いです。

なお、整理券の順番が来ると、仁王門からのぼっていった先にある庭園、九年庵を見学できます。

こちらは秋のもみじがとても綺麗ですが、回遊路は狭く、庭の規模はそれほど大きくないので、次々と押し出されていく感じであわただしい見学はすぐに終わります。

*期間中は観光バスの団体客などでかなり混みますので、平日の朝1番がオススメです。

ちなみに、九年庵自体をじっくり見学するなら、混雑する秋のシーズンより春に行く方がいいです。

(次ページ)「御庭を眺めながら休憩できるスポット」に続く↓

ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

言語を翻訳

地域のイチオシ情報!

ページ上部へ戻る