干潟で泥んこ遊びを体験!のどかな有明海の風景が広がる「道の駅 鹿島」【鹿島】

今回やって来たのは佐賀県の南部、鹿島にある「道の駅 鹿島」です。

こちらは国道207号沿いにあり、目の前には広大な有明海が広がります。

干潮時に広がる干潟の風景

なお、有明海の一番の特徴は潮の満ち引きが大きいこと。

潮の干満の差は日本で最大の5~6mにもなり、大潮のときの干潮時には広大な干潟(ひがた)が出現します。

また、干潟とは潮が引いたときに現れる海底の「ドロ」のことで、有明海の干潟の大部分はこのドロでできています。

なお、道の駅は毎年初夏に開催されることで有名な有明海の名物イベント、ガタリンピックの開催地にもなっています。

さらに干潟体験ゾーンでは都会では味わえないドロンコ遊びを楽しめる!ユニークな道の駅です。

ちなみに、地元ではこの干潟を単に「ガタ」と呼んでいて、この「ガタ」に入れば大人も子供も泥まみれ。

そんな有明海ならではの自然を120%体験できる貴重なスポットです。

*なお、ついた泥を落とす温水シャワー室も完備しています。

*干潟体験ができるのは潮が引いている時間帯ですので、あらかじめ潮汐表をチェックしておく必要があります。

(次ページ)「物産館に並ぶめずらしい魚介類」に続く↓

ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

言語を翻訳

地域のイチオシ情報!

ページ上部へ戻る