【長崎】それは長崎からはじまった「伝える」シリーズその1 写真撮影の出発点

かつて日本の玄関口として外国との交易があった長崎。

そんな長崎が出発点となり、今でもコミュニケーションの重要なツールとなっている写真や文字、音声の発祥地めぐりの第一弾!

今回は長崎からはじまった、ビジュアル面で重要な要素である「写真」の出発点のご紹介です。

日本最初のプロカメラマン

やって来たのは、中島川沿いにある上野彦馬宅跡です。

image

こちらは、長崎で日本初の写真家になった、上野彦馬という人が開いた写真店の跡地です。

image

上野彦馬はフランス人ロッシュに写真術を学び、1862年に日本初のプロカメラマンとして撮影スタジオを開室しました。

*ちなみに、こちらは長崎公園にある彦馬の像です。

彼は坂本龍馬、高杉晋作など多くの志士を撮影したり、西南戦争では日本初の従軍カメラマンとして多くの写真を残しています。

image

なお、こちらの跡地には、台やカメラのレプリカが再現されていて、龍馬と同じポーズで撮影できるようになっています。

image

image

歴史文化博物館にも資料を展示

また、市内にある長崎歴史文化博物館では、彦馬が使った写真機や、撮影した写真などが展示されています。

image

image

image

当時の写真は、今のデジカメやスマホなどでカンタンに撮影できるのとは全く違って、昔は撮影や現像に時間や手間もかかりました。

そんなビジュアルによる表現の出発点となった上野彦馬のモニュメントです。

image

「残す、伝える、伝わる」の始まりは長崎から!音声や文字、写真で、可能性や夢が無限に広がる事を今に伝えるモニュメントシリーズです。

名称:上野彦馬宅跡
住所:長崎県長崎市伊勢町4-14
駐車場:付近の有料駐車場にて

※当サイト内に掲載している情報は取材当時のものです。時間の経過により内容が変化して、実際と異なる場合がございますので予めご了承ください。
また、お気付きな点はプロフィールのアドレスまでどうぞ。誤記など指摘していただけると助かります。

検索用:長崎 名所 ビジュアル 伝える 撮影 フォト 上野彦馬 坂本龍馬 後藤象二郎 有名 写真 発祥 スタート 開始 珍しい 記念碑 モニュメント 面白い 面白 おもしろスポット 口コミ 評判

Banこの記事の編集者

投稿者プロフィール

ページを最後まで読んでくださってありがとうございます。よろしければツイッターのボタンを押して、フォローしてくださるとブログ更新のすごく励みになります!クリックよろしくお願いします。

この著者の最新の記事

関連記事

金運アップ

  1. 今回やって来たのは熊本の小国町です。 こちらの宮原地区には3つの開運スポットをめぐるユニークな…
  2. 長崎にある神崎神社です。 この神社は長崎で有名な女神大橋の近くにあります。 長崎の玄関口にある…
  3. 朝倉市にある「香山昇龍大観音菩薩」です。 筑後平野にそびえる観音様 こちらの場所は北部に…
  4. 今回やって来たのは、国東市にある富来路(とみくじ)ロードです。 こちらは、いかにも縁起がよさそ…
  5. 阿蘇にある「赤水蛇石神社」です。 こちらは南阿蘇村の赤水にあり、白蛇様をご神体として祀っている…

子供向け

  1. 今回やって来たのは長崎にあるペットアニマルワールド「PAW(パウ)」です。 バイオパークの前にあ…
  2. 今回やってきたのは「長崎ペンギン水族館」です。 場所は長崎市の郊外で、海に面したところ…
  3. 大分にある高崎山自然動物園です。 こちらは自然動物園とありますが、いるのはとにかくお猿さんばっ…
  4. 今回ご紹介するのはおんせん県・大分を代表する一大アミューズメントパーク、杉乃井ホテルの名物「地獄のイ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る