車僧観音堂・名島弁財天・愛宕神社の勝ち地蔵-福岡のユニークな神様3選

九州各地にある神様シリーズ。今回は福岡にあるユニークな神様のご紹介です。

700年前からタイムスリップ!?超人伝説の残る車僧観音堂

まずやって来たのは、東区箱崎にある車僧観音堂です。

民家の角にひっそりとあります。

まつられているのは深山正虎禅師(しんざんしょうこぜんし)という方で、鎌倉時代に京都や奈良でお寺を開き博多に来て承天寺の僧となりました。

お堂近くにあった松の木の上で坐禅をしたり観音様を深く信仰していたことから、大正2年(1913年)にこの観音堂が建てられました。

この僧侶はいつも牛のいない壊れた牛車を自由自在に乗り回していたことから「車僧」と呼ばれ、能の題材にもなるほど有名人だった方です。

さらにこの車僧は「700年前はねえ、、」とよく飛鳥時代のことを話すので、実は700歳なのでは!?いうとっても不思議な人です。

牛のいない車を乗り回す700歳のスーパーマンが実在した!?

超人伝説が残る博多のユニークな車僧観音堂です。

様々なヘビの像をおまつりする「名島弁財天」

次にやって来たのは、東区名島にある名島弁財天です。

場所は名島神社に隣接していて、北側は名島城址や東側は名島運動公園などがあります。

約400年の歴史があり、商売繁盛や蓄財の神様として有名な弁財天を祀っています。

弁財天は七福神で唯一の女性の神様で、膝を立て琵琶を弾く姿から日本では音楽や芸能の神様としても知られています。

鳥居から石段を登るとなだらかな丘が広がり、途中にはユニークなヘビの石像があります。

弁天様は古代インドで川の神(水神)だったため、川の曲がりくねったイメージから蛇が神様のお使いとされました。

そんな神様のお使いであるヘビの像をまつるお堂が点在しています。

リアルな蛇からかわいい蛇まで様々なヘビの像があり、それぞれ卵をお供えしないようにと書かれていました。

神の使いであるヘビの像がいっぱい!ユニークなヘビのお堂のある福岡の名島弁財天です。

愛宕神社にあるバットとサッカーボールを持った勝ち地蔵

最後にやって来たのは、福岡市西区にある愛宕神社です。

日本三大愛宕で有名なこちらの神社で、社殿から少し降りた所にあるのが愛宕地蔵尊です。

お堂にはたくさんお地蔵さんが並んでいて、中央のお地蔵は手にバットとサッカーボールを持っています。

こちらは「勝ち地蔵」と呼ばれ、ソフトバンクホークスとアビスパのファンの要望で建てられたお地蔵様です。

さすがソフトバンクホークスのお膝元!

ホークスを愛してやまない地元・福岡の熱気が感じられる必勝祈願スポットです。

まとめ

700年前のことを話すスーパーマン!?や多数のヘビのオブジェ、バットとボールを持つお地蔵様など、福岡の地元で信仰を集めるユニークな御神様です。

なお、現地には車で行く方が便利なので、自家用車か「たびらいレンタカー」などレンタカーの比較サイトから探すと安く借りられます。
たびらいレンタカー 公式サイト

福岡での宿泊は、格安のホテル・旅館などを一括で比較・予約ができる「トリパゴ」の予約サイトで探すと、オフィシャルサイトよりも安いこともあるのでおトクです!
・テレビCMでも話題!ホテル料金比較のトリバゴ

福岡に来られた際はぜひどうぞ。

名称:車僧観音堂 しゃそうかんのんどう
住所:福岡県福岡市東区箱崎2丁目11-1
駐車場:付近の有料駐車場にて

名称:名島弁財天 なじまべんざいてん
住所:福岡市東区名島1丁目25-1
駐車場:付近の有料駐車場にて

名称:愛宕神社 あたごじんじゃ
住所:福岡市西区愛宕2丁目7-1
駐車場:無料駐車場あり

※当サイト内に掲載している情報は取材当時のものです。時間の経過により内容が変化して、実際と異なる場合がございますので予めご了承ください。
また、お気付きな点はプロフィールのアドレスまでどうぞ。誤記など指摘していただけると助かります。

Banこの記事の編集者

投稿者プロフィール

ページを最後まで読んでくださってありがとうございます。よろしければツイッターのボタンを押して、フォローしてくださるとブログ更新のすごく励みになります!クリックよろしくお願いします。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

言語を翻訳

地域のイチオシ情報!

ページ上部へ戻る