佐賀の山奥にあるパワースポットの巨木!下合瀬の大カツラ【三瀬】

今回やって来たのは、佐賀の三瀬にある「下合瀬の大カツラ」です。

三瀬高原に自生する巨木

場所は農産物販売所のマッちゃんからほど近い山の中にあります。

行き方は国道からまっちゃんの第2駐車場に入るために曲がった道をまっすぐ、約1キロほど進むと案内板が出てきます。

全国で2番目に大きい天然記念物

道沿いに車をとめて石の標識に従って山の中に入ろうとすると、、、

インパクトのある巨大な樹木がいきなり現れます!

こちらは中心部にある幹のまわりに太さが1〜3mの「ひこばえ」が25本ほど群生し、これらを合わせると根廻り19m,高さ34mもあります。

樹齢は約1,000年と推定され、昭和37年に国の天然記念物に指定。

日本で2番目に大きいとされる下合瀬の大カツラです。

生命のパワーあふれる大カツラ

実際見ると根元から小さい木が密集していて一本の木には見えません。

しかし、各々の枝は天に向かって高く伸びていて、しかも木の幹は太くて勢いがあり、その大きさに圧倒されます。

さすが全国で2番目と呼ばれるほど!

この樹木一つだけで空が全部覆われるくらい若い枝葉が一面に広がり、1000年たった今なおまだまだ元気で、今後も益々大きくなりそうな力強い生命のパワーを感じます。

神秘的な雰囲気の巨木

巨木は周りとは明らかに違う独自のオーラがあり、古来よりご神木として「しめ縄」が張られて崇敬され、保護されてきました。

枝を伸ばした姿はまわりの静かな杉林の中でまさしく異彩を放っています。

まとめ

人を優しく包み込んでくれる巨大なスケール。

優しさや強さ、人を引き付ける魅力があり、とても見応えがある下合瀬の大カツラです。

名称: 下合瀬の大カツラ
住所: 佐賀県佐賀市富士町大字下合瀬

※当サイト内に掲載している情報は取材当時のものです。時間の経過により内容が変化して、実際と異なる場合がございますので予めご了承ください。
また、お気付きな点はプロフィールのアドレスまでどうぞ。誤記など指摘していただけると助かります。

関連記事

【新型コロナの影響について】

新型コロナウイルスの感染防止による影響で、臨時休業など各施設の営業時間が変わっている場合があります。
お出かけされる前には、公式HPやSNSなどで最新情報についてご確認ください。

ピックアップ記事

言語を翻訳

地域のイチオシ情報!

ページ上部へ戻る