九州出身の伝説的な力士シリーズ その1 (雲龍、双葉山)

2016年には約10年ぶりとなる日本出身力士の優勝に沸いた大相撲。

中でも琴奨菊の出身地、柳川市役所には新聞が玄関ホールに張り出され、お祝いムード一色になりました。
image

今回は「琴奨菊だけじゃない!九州出身の伝説的な力士シリーズ」と題して、今では伝説となった数々の有名力士をご紹介するシリーズの第一弾です。

【柳川 雲龍の郷】

まずやってきたのは、有明海に面した柳川市大和町にある「雲龍の郷」です。
image

こちらは、江戸時代末期に活躍した第10代横綱「雲龍久吉」を記念してつくられた施設。

なお、雲龍は大相撲の土俵入りで有名な「雲龍型」生みの親としてその名を残す大横綱です。
image

同じ柳川出身の琴奨菊の大先輩にあたる方ですが、今でも郷土の誇りとして語り継がれています。

こちらの記念館にも雲龍に関する様々な資料が展示され、功績が称えられています。

【宇佐 双葉の里】

次にやって来たのは、大分の宇佐にある「双葉の里」です。
image

こちらは、相撲界で前人未踏の69連勝という大記録を打ちたて、「相撲の神様」とまで称されるようになりました。

宇佐市出身の双葉山のモニュメントです。
image

なお、こちらの記念館の前には60連勝を讃える記念碑があり、横綱白鵬の63連勝も刻まれています。

image

すごすぎる記録を残した伝説の大横綱、双葉山の功績を今に伝える記念館「双葉の里」です。
image

image

伝説として語り継がれる力士を数多く輩出する九州。

相撲を愛する方々に支えられ、いまなお人気の高い地元出身の有名力士シリーズです。

※その他の 九州出身の伝説的な力士シリーズ はこちら↓↓↓
関連記事:九州出身の伝説的な力士シリーズ その2(初代梅ヶ谷、生月鯨太左衛門)
関連記事:九州出身の伝説的な力士シリーズ その3(古代力士、魁皇)

名称:雲龍の郷 うんりゅうのさと
住所:柳川市大和町鷹ノ尾151-2
電話:0944-76-1122
時間:10:00-18:00
駐車場:無料駐車場あり

名称:双葉の里 ふたばのさと
住所:宇佐市大字下庄269
電話:0978-33-5255
時間:9:00-17:00
駐車場:無料駐車場あり
双葉の里のページ

※当サイト内に掲載している情報は取材当時のものです。時間の経過により内容が変化して、実際と異なる場合がございますので予めご了承ください。
また、お気付きな点はプロフィールのアドレスまでどうぞ。誤記など指摘していただけると助かります。

Banこの記事の編集者

投稿者プロフィール

ページを最後まで読んでくださってありがとうございます。よろしければツイッターのボタンを押して、フォローしてくださるとブログ更新のすごく励みになります!クリックよろしくお願いします。

この著者の最新の記事

子供向け

  1. 福岡にやってきた世界的な有名人シリーズの第2弾。 今回ご紹介するのは冒険家として有名なリンドバ…
  2. 長崎にあるペットアニマルワールド「PAW(パウ)」です。 バイオパークの前にあるミニ施設 …
  3. 今回やってきたのは「長崎ペンギン水族館」です。 長崎市の郊外にあるペンギンに特化した水族館…
  4. 大分にある高崎山自然動物園です。 こちらは自然動物園とありますが、いるのはとにかくお猿…
  5. 今回ご紹介するのはおんせん県・大分を代表する一大アミューズメントパーク、杉乃井ホテルの名物「地獄のイ…

言語を翻訳

地域のイチオシ情報!

ページ上部へ戻る