眼下に広がる渓谷!有名な観光スポット「真名井の滝」【高千穂】

今回やって来たのは、宮崎の高千穂峡(たかちほきょう)です。

柱状節理が見事な渓谷

高さ80~100mにも達する断崖が7kmにわたり続く高千穂峡。

その昔、阿蘇山から噴出した溶岩が川沿いに流れてきた際、急激に冷却されてできた岩の柱(柱状節理)が両岸にそそり立つすばらしい峡谷です。

駐車場から渓谷に沿って整備された遊歩道があり、片道15分~20分ほど歩くとこの渓谷が出てきます。

歩道沿いにも見どころがいっぱい

遊歩道沿いには神話伝説のある七ツヶ池や、

200トンもある鬼八の力石

神硯の岩

両岸が川面を覆うように狭まった槍飛(やりとび)など見どころも多いです。

九州を代表する滝の風景

さらにこの高千穂峡は国の天然記念物に指定されていて、付近には日本の滝百選にも選ばれた「真名井の滝」があります。

高千穂峡の主役とも言える滝で、自然が造り出した絶壁の峡谷に滝が流れ落ちる様はすごいの一言!

滝に近い御塩井駐車場の奥にはボート乗り場があり、この貸しボートから滝を見上げると迫力があります。*ちなみにこちらのボートは人気が高くて非常に混んでいます。

また、ボートに乗らなくても、峡谷沿いの歩道からも滝がよく観えます。

なお、高千穂といえば滝の周りにボートがあるこちらの風景が有名で、ガイドブックや空港や駅のポスターでよく目にするほど九州ではメジャーなスポットです。

断崖絶壁や自然の造形美など、高千穂を代表する観光スポットとして年間150万人以上が訪れる高千穂峡です。

名称: 高千穂峡 真名井の滝 たかちほきょう まないのたき
住所: 宮崎県西臼杵郡高千穂町大字三田井御塩井
駐車場:無料駐車場あり

※当サイト内に掲載している情報は取材当時のものです。時間の経過により内容が変化して、実際と異なる場合がございますので予めご了承ください。
また、お気付きな点はプロフィールのアドレスまでどうぞ。誤記など指摘していただけると助かります。

Banこの記事の編集者

投稿者プロフィール

ページを最後まで読んでくださってありがとうございます。よろしければツイッターのボタンを押して、フォローしてくださるとブログ更新のすごく励みになります!クリックよろしくお願いします。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

言語を翻訳

地域のイチオシ情報!

ページ上部へ戻る