荒立神社-板木を打って芸能や縁結びなどのたくさんのご利益を授かろう【高千穂】

今回は、神話のまちとして知られる宮崎の高千穂にある「荒立神社」をご紹介します。

神話の里・高千穂にある知る人ぞ知る神社

高千穂エリアは天岩戸(あまのいわと)や天安河原(あまのやすかわら)など、神話の舞台と伝えられるスポットが数多くあります。

なお、こちらの荒立神社も、そんな高千穂の神話に関する神社の一つです。

場所は、高千穂峡から車で約10分ぐらいのところにあります。

218号線の一本木交差点から天真名井方面に向かう道沿いに、荒立宮(250m)の案内プレートが出ています。

 
広い無料駐車場のすぐ目の前に社殿があり、カンタンに行くことができます。

こちらは夫婦の神様とされる猿田彦命(さるたひこのみこと)と、天鈿女命(あめのうずめのみこと)が御祭神として祀られています。

2人とも日本神話では有名なかたで、それぞれ特徴のある神様として知られています。

・猿田彦命、、、、天孫降臨のさいに道案内をした、交通安全や教育の神さま

・天鈿女命、、、、天の岩戸伝説で舞を披露した、芸術や芸能の神さま

そんな2人が結ばれたのがこの高千穂です。

※なお、境内には角川春樹さんが猿田彦命について詠んだ歌碑があります。

山から切り出したばかりの荒木を使って急いで住まいを造ったため、「荒立宮」と名付けられたのが神社の由来とされています。

芸能や縁結びのほかにもご利益がいっぱい!

荒立神社の主なご利益は、「夫婦円満」「縁結び」「芸事上達」などです。

特に天鈿女命は芸能の神様として人気が高く、多くの芸能人がお忍びで参拝されています。

パワースポットとしても有名で、芸事上達のご利益を求めて堺雅人さん、中村七之助さんたちも訪れました。

モデルのアンミカさんは、ここで縁結びの祈願をして結婚することができたと自身のブログに書かれたことで、一躍こちらの神社が知られることになりました。

また、猿田彦命は「道開きの神」として交通安全や教育など、他にもたくさんの願いを叶えてくれる神様です。

境内のあちこちにある板木を打って願いを叶えよう

荒立神社の境内のあちこちには「板木(ばんぎ)」と呼ばれる木の板があります。

吊るしてある板木を木槌(きづち)で願いを込めながら7回打つというユニークな願掛け方法です。

境内にある「七福徳寿板木」は、五穀豊穣、交通安全をはじめとする7つの願いが叶うとされています。

女性に人気の「未来板木」は、縁結びや未来の幸福を授かることができるもの。

他にも本殿の裏の森にはさまざまな板木があり、木漏れ日の差す神秘的な境内を散策しながら探してみるのもいいですね。

まとめ

「荒立神社」は芸事の上達、厄除け、子宝、長寿などのご利益がもらえる、知る人ぞ知るパワースポットです。

高千穂峡からほど近く、付近には「高千穂神社」などもあります。

芸事や縁結びの願掛けをされたい方はぜひどうぞ。

名称: 荒立神社 あらたてじんじゃ
住所: 宮崎県西臼杵郡高千穂町大字三田井667
電話: 0982-72-2368
駐車場: 無料駐車場あり

※当サイト内に掲載している情報は取材当時のものです。時間の経過により内容が変化して、実際と異なる場合がございますので予めご了承ください。
また、お気付きな点はプロフィールのアドレスまでどうぞ。誤記など指摘していただけると助かります。

関連記事

【新型コロナの影響について】

新型コロナウイルスの感染防止による影響で、臨時休業など各施設の営業時間が変わっている場合があります。
お出かけされる前には、公式HPやSNSなどで最新情報についてご確認ください。

ピックアップ記事

言語を翻訳

地域のイチオシ情報!

ページ上部へ戻る