【沖縄】沖縄で最も有名なパワースポット!斎場御嶽

沖縄でとっても有名なパワースポットと言われる「斎場御嶽」です。

場所は沖縄本島の南部、南城市にあります。

なお、御嶽(うたき)とは神様が宿る聖域のことで、斎場(せいふぁー)は最高位のこと。

つまりこの斎場御嶽は、琉球を創った神様によって造られた沖縄最高の聖域で、かつての琉球王国時代には国王の参詣などが行われました。

なお、こちらは2000年には「琉球王国のグスク及び関連遺産群」9つの中の1つとしてユネスコの世界遺産にも登録されています。

駐車場

入口から500mほど離れた南城市地域物産館に駐車場があり、入場チケットもこちらで購入できます。

「緑の館・セーファ」

こちらは斎場御嶽の入り口にある施設で、館内は斎場御嶽に関する資料を展示。ここで斎場御嶽や沖縄の精神文化について学べます。

なお御嶽内に入ると各所にイビと呼ばれる神域があり、森の中は時が止まったような静かな空気が流れます。

大庫理(うふぐーい)

緑の木々が生い茂る中、石畳道を登っていくと出てくる一番最初の拝所です。

こちらは大広間や一番座という意味があり、前面にある磚(せん)敷きの広間は、琉球王国の繁栄を祈った場所とされています。

寄満(ゆんいち)

寄満とは台所のことで、当時ここには国の内外から海幸や山幸が集まったことから「豊穣の満ち満ちた所」として、五穀豊穣の祈りの場所という意味もあります。

シキヨダユルとアマダユルの壺

2本の鍾乳洞から落ちる「聖なる水滴」を受け止めるための壺があります。神聖な場所なのでくれぐれもお賽銭はしないように。

三庫裏(サングーイ)

斎場御嶽のシンボルとしてガイドブックなどでもお馴染みの最も有名なスポット。

三角形に切りとられた静けさの漂う場所で、2枚の岩が支えあって水平に安定した状態をキープしています。

なお、こちらは約1万5千年前の地震で断層がずれてできたとされ、半三角形の洞門の奥の光が射し込んでいて独特の雰囲気があります。

久高遙拝所(くだかようはいじょ)

三角岩の突き当たりは珊瑚石の積み上げられた祭壇のような石段があります。

こちらは拝所となっていて、海の向こうには神の島と呼ばれる久高島(くだかじま)を望むことができます。

大自然が広がる豊かな森一帯が沖縄を代表する聖地とされ、今でも多くの人々が祈りに訪れる大切な場所。

自然と心が落ち着き、神のパワーをチャージできる!沖縄屈指のパワースポットとして知られる「斎場御嶽」です。

名称:斎場御嶽 せーふぁうたき
住所:沖縄県南城市知念字久手堅539
電話:098-949-1899
駐車場:無料駐車場あり
斎場御嶽のページ

※当サイト内に掲載している情報は取材当時のものです。時間の経過により内容が変化して、実際と異なる場合がございますので予めご了承ください。
また、お気付きな点はプロフィールのアドレスまでどうぞ。誤記など指摘していただけると助かります。

沖縄の宿泊先を探すなら↓↓↓


沖縄でレンタカーを探すなら↓↓↓


沖縄の定番お土産はこちら↓↓↓

沖縄でのレジャー・遊び体験の予約なら↓↓↓

Banこの記事の編集者

投稿者プロフィール

ページを最後まで読んでくださってありがとうございます。よろしければツイッターのボタンを押して、フォローしてくださるとブログ更新のすごく励みになります!クリックよろしくお願いします。

この著者の最新の記事

子供向け

  1. 福岡にやってきた世界的な有名人シリーズの第2弾。 今回ご紹介するのは冒険家として有名なリンドバ…
  2. 長崎にあるペットアニマルワールド「PAW(パウ)」です。 バイオパークの前にあるミニ施設 …
  3. 今回やってきたのは「長崎ペンギン水族館」です。 長崎市の郊外にあるペンギンに特化した水族館…
  4. 大分にある高崎山自然動物園です。 こちらは自然動物園とありますが、いるのはとにかくお猿…
  5. 今回ご紹介するのはおんせん県・大分を代表する一大アミューズメントパーク、杉乃井ホテルの名物「地獄のイ…

言語を翻訳

地域のイチオシ情報!

ページ上部へ戻る