JR新鳥栖駅-佐賀へのアクセスが便利に!九州新幹線が停車する佐賀で唯一の駅【鳥栖】

今回やってきたのは佐賀県の東部、鳥栖市にある「JR新鳥栖駅」です。

新鳥栖駅とは??

こちらは佐賀県で唯一の新幹線が停車する駅です。

鳥栖の中心にある「鳥栖駅」からは約3km、在来線で1駅ほど離れています。

駅舎は博多から長崎に向かう在来線の長崎本線と、博多から鹿児島に向かう九州新幹線があります。

なお、在来線と新幹線の各駅がありますが、どちらも行き先が別々なので、新幹線との乗り換え改札口はありません。

ホームから隣の久留米駅が見えます。

ちなみに、ここから久留米駅まではたったの3分ほどですが、運賃は1050円もかかります、、、

ストリートピアノがある駅

改札口の近くにはヤマハのピアノがあります。

場所は新幹線と在来線の改札のあいだにあり、だれでも自由にひくことができます。

こちらは佐賀県の「ピアノの駅」プロジェクトで設置されたもので、ほかにも佐賀駅や小城駅にあります。

透明感あふれるパブリックアート

改札から入ると正面にドーンとあらわれるのが「かちがらす」のパブリックアートです。

県の鳥である「かちがらす」をモチーフに、淡いタッチで表現した幻想的な作品です。

九州で最古の立ち食いうどん屋さん

在来線側の長崎本線のホームには「立ち食いうどん」の中央軒があります。

こちらは昭和31年(1956年)に鳥栖駅の構内に九州で初めて「立ち食いうどん」をはじめたお店です。

今でも鳥栖駅と新鳥栖駅の構内で食べられます。

一番人気は「かしわうどん」

煮干しや昆布でつくったスープに、甘辛い鶏肉が絶妙のハーモニーです。

なお、こちらの中央軒と言えば、鳥栖の人なら知らない人はいないぐらい!?「かしわめし」も有名です。

大正2年からずっと販売しているかしわめしは、味が染み込んだかしわと、ごはんとの相性が抜群!

全国で最も古いとりめしの駅弁と言われています。

駅の近くにある朝日山公園

JR新鳥栖駅のすぐ南側にある、小高い山が「朝日山公園」です。

こちらにあったのは朝日山城で、戦国時代は薩摩の島津氏の侵攻など、九州における交通の要衝として戦いの舞台となってきました。

1874年におきた佐賀の乱では、旧佐賀藩士によって佐賀城が占拠され、鎮圧にやってきた政府軍と衝突した場所でもあります。

こちらは自動車で山頂近くまで登ることができ、整備された公園や宮地嶽神社、展望台などがあります。

まとめ

九州新幹線で唯一、佐賀県内にあるJR新鳥栖駅。

ここから長崎や佐世保、佐賀などに向かったり、新幹線で本州に行くにはとっても便利です。

そんな佐賀の新しい玄関口の新鳥栖駅ではストリートピアノやかちがらすなどみどころがいっぱい。

佐賀にお越しの際はぜひどうぞ。

名称: JR新鳥栖駅
住所: 佐賀県鳥栖市原古賀町302?2
電話: 0942-83-1701
駐車場: 隣接の有料駐車場を利用
新鳥栖駅のページ

※当サイト内に掲載している情報は取材当時のものです。時間の経過により内容が変化して、実際と異なる場合がございますので予めご了承ください。
また、お気付きな点はプロフィールのアドレスまでどうぞ。誤記など指摘していただけると助かります。

関連記事

【新型コロナの影響について】

新型コロナウイルスの感染防止による影響で、臨時休業など各施設の営業時間が変わっている場合があります。
お出かけされる前には、公式HPやSNSなどで最新情報についてご確認ください。

ピックアップ記事

言語を翻訳

地域のイチオシ情報!

ページ上部へ戻る