霊巌洞-あの宮本武蔵が五輪書を書いたパワースポット【熊本】

熊本市内にある雲巌禅寺(うんがんぜんじ)です。

こちらは熊本で有名な金峰山の西側の山麓に古くからあるお寺で、境内にはあの宮本武蔵が「五輪書」を書いた霊巌洞(れいがんどう)があります。

なお、近くの「岩戸の里公園」の黒岩展望台からは、有明海の向こうに雲仙が望める絶景が広がります。

勝ちを呼ぶ武蔵像がある「岩戸の里公園」

この「岩戸の里公園」には宮本武蔵の巨大な像があります。

駐車場の前にあるこの像は「勝ち運を呼ぶ武蔵像」という名前の記念碑で、平成15年のNHK大河ドラマの放送記念に設立されました。

剣聖・宮本武蔵は戦国時代から江戸時代初期に活躍した剣豪で、60余度の勝負に一度も負けることは無かったとされる実在の人物です。

そんな宮本武蔵にあやかって今では勝負事のパワースポットとして、受験生や様々な目標にチャレンジしている人とって有名な場所になっています。

(次ページ)「宮本武蔵が五輪の書を書いた霊巌洞」に続く↓

ページ:

1

2 3

関連記事

ピックアップ記事

言語を翻訳

地域のイチオシ情報!

ページ上部へ戻る