【熊本】あの宮本武蔵が五輪書を書いたパワースポット!霊巌洞お

今回やって来たのは熊本市内にある雲巌禅寺(うんがんぜんじ)です。

こちらは熊本で有名な金峰山の西側の山麓に古くからあるお寺で、境内にはあの宮本武蔵が「五輪書」を書いた霊巌洞(れいがんどう)があります。

なお、近くの「岩戸の里公園」の黒岩展望台からは、有明海の向こうに雲仙が望める絶景が広がります。

勝ちを呼ぶ武蔵像がある「岩戸の里公園」

この「岩戸の里公園」には宮本武蔵の巨大な像があります。

駐車場の前にあるこの像は「勝ち運を呼ぶ武蔵像」という名前の記念碑で、平成15年のNHK大河ドラマの放送記念に設立されました。

剣聖・宮本武蔵は戦国時代から江戸時代初期に活躍した剣豪で、60余度の勝負に一度も負けることは無かったとされる実在の人物です。

そんな宮本武蔵にあやかって今では勝負事のパワースポットとして、受験生や様々な目標にチャレンジしている人とって有名な場所になっています。

岩戸の里公園から下に降りたところにある「雲巌禅寺」

霊巌洞のある雲巌禅寺は、先ほどの武蔵像がある岩戸の里公園の駐車場から約300mほど降りていったところにあります。

*ちなみに、雲巌禅寺には参拝者向けに数台分の駐車場があります。

霊巌洞は雲巌禅寺の境内にある天然の岩窟で、見学は有料となっています。

入口で拝観料を払うと、すぐ横にある宝物庫では武蔵の肖像画や巌流島で佐々木小次郎との対決に使用したとされる木剣など、武蔵に関する遺品が展示されています。(ほとんどがレプリカですが、、、)

洞窟の手前にある様々な表情の五百羅漢

また、洞窟に向かう途中の岩山を削った細い道を進むと、岩肌に五百羅漢が出てきます。

泣いたり怒ったりといろんな表情をしている石仏たち。

こちらは武蔵の没後約130年経った江戸時代に商人が24年間もの歳月をかけて奉納したもので、宮本武蔵が生きていた時代にはこの五百羅漢は無く、永年の風雨や地震等の影響で数は約半分に減っています。

*なお、霊巌洞への道は岩を削ってできたデコボコ道が続くので、なるべく歩きやすい靴がベターです。

五百羅漢の奥にある「霊巌洞」

こちらが剣聖として名高い宮本武蔵が寛永20年(1643)にこの洞窟にこもって人生の集大成である「五輪書」を書き残した場所です。

険しい階段を登ると岩窟内の上部には雲巌禅寺を建立した元の禅僧、東陵永璵が彫った「霊巌洞」の文字が残っています。

また、格子戸の奥深くには岩戸観音(馬頭観世音菩薩)が祀ってあるとされますが暗くてよくわかりません。

自然のままの姿に保たれた洞の中は、なんだかとっても神聖でおごそか雰囲気です。


金峰山の山麓にあり、あの宮本武蔵が兵法の極意書である「五輪書」を書いた場所として知られる霊巌洞(れいがんどう)。

宮本武蔵ファンのみならず、勝負運のパワーがもらえる気がする!県内屈指のパワースポットです。

名称: 雲厳禅寺 うんがんぜんじ
住所: 熊本県熊本市西区松尾町平山589
駐車場:無料駐車場あり

熊本県熊本市西区松尾町平山589 雲厳禅寺

※当サイト内に掲載している情報は取材当時のものです。時間の経過により内容が変化して、実際と異なる場合がございますので予めご了承ください。
また、お気付きな点はプロフィールのアドレスまでどうぞ。誤記など指摘していただけると助かります。

Banこの記事の編集者

投稿者プロフィール

ページを最後まで読んでくださってありがとうございます。よろしければツイッターのボタンを押して、フォローしてくださるとブログ更新のすごく励みになります!クリックよろしくお願いします。

この著者の最新の記事

子供向け

  1. 福岡にやってきた世界的な有名人シリーズの第2弾。 今回は冒険家として有名なリンドバーグです。 …
  2. 長崎にあるペットアニマルワールド「PAW(パウ)」です。 バイオパークの前にあるミニ施設場…
  3. 今回やってきたのは「長崎ペンギン水族館」です。 場所は長崎市の郊外で、海に面したところ…
  4. 大分にある高崎山自然動物園です。 こちらは自然動物園とありますが、いるのはとにかくお猿…
  5. 今回ご紹介するのはおんせん県・大分を代表する一大アミューズメントパーク、杉乃井ホテルの名物「地獄のイ…

アーカイブ

地域のイチオシ情報!

ページ上部へ戻る