口之津港-巨大なポルトガル人がお出迎え!南蛮貿易の原点【南島原】

島原にある、ベイガ船長さんの巨大な人形です。
image

場所は、長崎県南島原市の口之津町にある、フェリー乗り場の前にあります。
image

日本に初めて来たヨーロッパ人

このベイガ船長は、今から約450年前の1567年にポルトガル船に乗って口之津港に一番最初に入ってきたポルトガル船の船長さんです。

南蛮貿易で栄えた口之津港のマスコットキャラクターとして、こちらのバスターミナルに立てられました。
image

なお、こちらはかわいいキャラクターというよりも、帽子をかぶってマントを付けた奇抜な衣装や、上を向いたおヒゲ、マンガチックな顔つきがとってもユニーク!

およそ人間とは思えないポルトガル人像で、当時は外国人がやって来たことがいかに衝撃的だったかが分かるモニュメントです。
image

ちなみに、このベイガ船長、なんとボタンを押すと喋ります。しかも音楽付きです。
image

近くには海の見える公園も

さらに、前方の口之津港には、芝生の公園があり、目の前にはおだやかな海の風景が広がります。
image

image

また、こちらには、安土桃山時代に日本にやって来たイエズス会のヴァリニャーノ神父の像や、
image

image

ポルトガル船のパネル、遊具もポルトガル船の型をしています。
image

image

(次ページ)「(おまけ)人の形をした両子岩(ふたごいわ)」に続く↓

固定ページ:

1

2

関連記事

【新型コロナの影響について】

新型コロナウイルスの感染防止による影響で、臨時休業など各施設の営業時間が変わっている場合があります。
お出かけされる前には、公式HPやSNSなどで最新情報についてご確認ください。

ピックアップ記事

言語を翻訳

地域のイチオシ情報!

ページ上部へ戻る