日本のお茶はここからはじまった!日本茶の原点「霊仙寺跡」【神崎】

昔から日本人のもっともポピュラーな飲み物として愛される「お茶」

このお茶が日本で初めて栽培されたのが佐賀県の吉野ヶ里町です。

県道沿いにある「日本茶栽培発祥の地」のカンバン

吉野ヶ里町の県道沿いには「日本茶栽培発祥の地」の看板があります。

脊振村にある栄西禅師の像

日本のお茶は鎌倉時代の1191年に臨済宗の開祖、栄西禅師が宋(今の中国)での修行を終えて帰国しました。

その際、佐賀県の脊振山にあった霊仙寺で中国から持ち帰った茶樹の種子を播いて栽培し、お茶の製法を伝授したのが始まりとされています。

上の写真は、背振山に向かう途中にある栄西禅師の像です。

霊仙寺跡にある「日本最初之茶樹栽培地」のモニュメント

お茶の栽培をした霊仙寺跡は今では乙護法堂だけが残され、お堂の前には「日本最初之茶樹栽培地」の石碑があります。

付近一帯には800年以上前からつづく緑の茶畑が広がっています。

ちなみに、昔は約1ヘクタールの茶園があったとされています。

霊仙寺跡の入り口にあるお茶に関する記念モニュメント

入口には「日中茶経研究交流会来村記念碑」や「静岡県・菊川のお茶記念碑」などのモニュメントがあります。

日本と中国の架け橋となったり、ここから全国各地に広がったお茶の歴史を感じられるモニュメント。

あわただしい中でも、ホッとくつろげる至福の一杯。日本のお茶はここからはじまった!

佐賀の山奥にある日本茶発祥のモニュメントです。

(おまけ)お茶どころのキャラクター「茶のまれくん」

こちらは近くにある温泉施設、山茶花の湯にあるイメージキャラクター「茶のまれくん」です。

かわいいお茶の神様でほっこり癒してくれます。近くに来られた際はぜひどうぞ。

名称:霊仙寺跡
住所:佐賀県神埼郡吉野ヶ里町松隈
駐車場:無料駐車場あり

※当サイト内に掲載している情報は取材当時のものです。時間の経過により内容が変化して、実際と異なる場合がございますので予めご了承ください。
また、お気付きな点はプロフィールのアドレスまでどうぞ。誤記など指摘していただけると助かります。

関連記事

【新型コロナウイルス肺炎について】

新型コロナウイルスの影響で日々状況が変化していますので、最新情報については各施設のHPをご確認ください。
また、外出自粛要請の出ている地域において、不要不急の外出はお控えください。
感染症の予防および拡散防止のために、咳エチケット・手洗い・アルコール消毒・マスク着用などを心がけるようお願いいたします。

ピックアップ記事

言語を翻訳

地域のイチオシ情報!

ページ上部へ戻る