はきもの資料館-高さ4mの日本一巨大な下駄もある!下駄がいっぱいのミュージアム【日田】

今回やって来たのは大分県日田市にある「天領日田はきもの資料館」です。

下駄をテーマにしたミュージアム

山に囲まれた大分県日田市は良質のスギやヒノキの産地で、昔から下駄作りが盛んな場所。

生産される下駄は日田下駄と呼ばれ、下駄の三大産地の一つになっています。

資料館はそんな日田下駄の製造メーカーが運営するショップ&ミュージアムです。

場所はレトロな雰囲気が残る豆田町エリアにあり、資料館の1階は入場無料なので気軽に入れます。

1階の直売所は専門店ならではの豊富な品ぞろえで、伝統的なものからカジュアルなサンダル下駄まで実にさまざまな日田下駄を展示販売。

多数の種類を取り揃えていて、鼻緒を選べるセミオーダーの下駄など自分に合った下駄を選べます。

日本一の巨大な下駄オブジェ

入ったすぐのところには、日田杉で作られた超巨大な下駄がお出迎えしてくれます。

高さ4m×幅2m以上、重さは約1000kgもあり、スギ製の下駄としては日本一の大きさです。

店内に入るといきなり出現し、びっくりするほどの大きさ!

とてもインパクトがあり記念撮影に最適ですが、とても納まりそうにない大きさです。

*なお、こちらのゲタは2階からも撮影できます。

2階は下駄のミュージアム

階段を上ると忍者がお出迎えする2階はミュージアムになっています。

※なお、2階の見学には100円かかります。

こちらでは日本の全国各地から集められた様々な下駄を大量に展示。

下駄ってどれも一緒では??と思ってしまいますが、凍った湖を滑るために作られた下駄スケートや山登り用の下駄、歯が一枚しかなく体感が鍛えられるバランス下駄など種類も豊富に展示されています。

縁結びスポットの「下駄神社」

中央には下駄神社なるものもあります。

こちらの御神体はもちろん下駄!

下駄は左右一対で使うものなので夫婦円満にご利益があるとされ、いつまでも仲良く2つがセットになるようにと祈願できる!下駄をまつった立派な神社です。

廣瀬淡窓の特別展もあります

さらに奥には和紙人形による廣瀬淡窓(ひろせたんそう)の特別展があります。

こちらでは江戸時代の儒学者で、日田に日本最大級の私塾「咸宜園」をつくった広瀬淡窓の生涯を和紙人形で表現。

一体一体が細かい部分までとってもリアルに作り込まれていて、和紙のもつあたたかみや生き生きとした表情などが楽しめます。

まとめ

地元特産の日田スギを使った日本一大きな杉の下駄など、下駄に特化したユニークなミュージアムです。

館内では夏の暑い時期にはぴったりの下駄を大量に展示販売しています。

日田に来られた際にはぜひどうぞ。

名称: 天領日田はきもの資料館
住所: 大分県日田市豆田町3−11
電話: 0973-28-6064
時間: 10:00-17:00
駐車場: 付近の有料駐車場を利用
はきもの資料館(Facebook)のページ

※当サイト内に掲載している情報は取材当時のものです。時間の経過により内容が変化して、実際と異なる場合がございますので予めご了承ください。
また、お気付きな点はプロフィールのアドレスまでどうぞ。誤記など指摘していただけると助かります。

Banこの記事の編集者

投稿者プロフィール

ページを最後まで読んでくださってありがとうございます。よろしければツイッターのボタンを押して、フォローしてくださるとブログ更新のすごく励みになります!クリックよろしくお願いします。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

言語を翻訳

地域のイチオシ情報!

ページ上部へ戻る