【福岡】ファッションから食文化まで!福岡にあるユニークな発祥地めぐり

今回は福岡から全国に広まったファッション、食べ物などをめぐる発祥の地ツアーです。早速レッツゴー!

日本のカワイイはここから!セーラー服発祥の地

まずやって来たのは、九電記念館です。

この体育館に入る道路脇の電柱3本には「ニッポンセーラー服発祥の地」と記された看板があります。

この場所は、旧福岡女学校(福岡女学院の前身)の跡地で、同校は1921年に日本に初めて学校制服としてセーラー服を採用した元祖とされています。

なお、セーラー服のセーラーは水兵のことで、もとは海軍兵士の服という意味。

日本のセーラー服は1921年に、当時のエリザベス・リー校長が「和装より動きやすいものを」と欧米で人気だったマリンルックを参考に、学生服として採用されました。

上下ツーピースやプリーツスカート、リボンのついた洋服など、現在のセーラー服とほぼ同じデザインで、今でもそのまま学生服として使われています。

さらに、セーラー服はミッション系スクールから全国に広がっていき、これが日本全国の女学生の服装として定着しました。

制服の代名詞「セーラー服」の出発点は博多から!

福岡にあるユニークな発祥の地モニュメントです。

日本のうどん・蕎麦発祥の地

次にやって来たのは、博多祇園山笠の発祥としても有名な承天寺です。

こちらの境内には金色の文字で「饂飩(うどん)蕎麦(そば)発祥之地」と刻まれた、約3mほどの石碑が建っています。

臨済宗の承天寺を開いた鎌倉時代の高僧、聖一国師(しょういちこくし)は、1241年に修行から帰国した際に、当時の日本にはなかった画期的な製粉技術を中国から持ち帰り、日本ではじめてうどんや蕎麦を作成。

やがて、その食文化が全国に広まっていきました。

ちなみに、饅頭(まんじゅう)や羊羹(ようかん)の作り方も聖一国師が伝えたとされ、鎌倉・室町時代に茶道の発展とともに全国に広がりました。

*なお、境内には御饅頭所のカンバンもあります。

今では超メジャーなうどんや蕎麦、甘い饅頭や羊羹など、全ては博多からはじまった!

発祥の地モニュメントが建つ博多の承天寺です。

ページ:

1

2

子供向け

  1. 福岡にやってきた世界的な有名人シリーズの第2弾。 今回ご紹介するのは冒険家として有名なリンドバ…
  2. 長崎にあるペットアニマルワールド「PAW(パウ)」です。 バイオパークの前にあるミニ施設 …
  3. 今回やってきたのは「長崎ペンギン水族館」です。 場所は長崎市の郊外で、海に面したところ…
  4. 大分にある高崎山自然動物園です。 こちらは自然動物園とありますが、いるのはとにかくお猿…
  5. 今回ご紹介するのはおんせん県・大分を代表する一大アミューズメントパーク、杉乃井ホテルの名物「地獄のイ…

言語を翻訳

地域のイチオシ情報!

ページ上部へ戻る