いろんな石仏に癒される!佐賀の五百羅漢【小城】

今回やって来たのは佐賀の小城にある星巌寺跡です。

歴代藩主をまつるお寺

こちらは今から300年以上前の1684年に小城鍋島家の二代藩主によって建立されたお寺の跡です。

まず出てきたのはお寺のシンボルとなっている楼門です。

今から160年以上前の1852年に建てられたまるで竜宮城みたいな中国風の門で、県の重要文化財に指定されています。

さらにフェンスに囲まれた楼門脇を進むと広場になっていて、その先にある石段を登ると回廊が出てきます。

回廊の先には五百羅漢があり、その奥には小城鍋島家の墓所があります。

多くの五百羅漢が並ぶ風景

いろんな表情の羅漢像が並ぶ圧巻の風景!

この五百羅漢は奥にある歴代藩主の墓所を守るかのように安置されています。

*なお、墓所の門閉ざされていて入ることはできません。

五百羅漢は江戸時代中期の石工平川徳兵衛一族の作とされ、笑い声が聞こえてきそうなほど楽しそうなものなどどれも表情豊かな石仏が約200体が残っています。

奥には現代風のユニークな五百羅漢も

さらに回廊から先に進んだ平成の五百羅漢エリアでは、近年作られた可愛い像やユニークなものなどまさに千差万別!

実に様々な石仏群を眺めながら散策するとほっこりした気分になれます。

広い敷地に様々な石仏が並ぶ小城の星巌寺跡です。

名称:星巌寺 せいがんじ
住所:佐賀県小城市小城町畑田3116
駐車場:無料駐車場あり

※当サイト内に掲載している情報は取材当時のものです。時間の経過により内容が変化して、実際と異なる場合がございますので予めご了承ください。
また、お気付きな点はプロフィールのアドレスまでどうぞ。誤記など指摘していただけると助かります。

Banこの記事の編集者

投稿者プロフィール

ページを最後まで読んでくださってありがとうございます。よろしければツイッターのボタンを押して、フォローしてくださるとブログ更新のすごく励みになります!クリックよろしくお願いします。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

言語を翻訳

地域のイチオシ情報!

ページ上部へ戻る