城下町の風情がいっぱい!滝廉太郎記念館【竹田】

大分の竹田市にある滝廉太郎(たきれんたろう)記念館です。

場所は竹田市の街中にありますが、近くに駐車場がなく、少し離れた歴史資料館の駐車場から廉太郎トンネルをくぐって右に進むと出てきます。

瀧廉太郎とは?

「荒城の月」や「箱根八里」「春」「鳩ぽっぽ」などの作曲で知られる明治時代の有名な音楽家です。

中でも代表曲の一つ「荒城の月」は竹田にある岡城趾がモデルとされ、彼が少年時代に荒れ果てた岡城に登って遊んだ体験をもとに、明治34年(1900年)に中学校唱歌の「荒城の月」を発表されました。

※上の写真は岡城址にある有名な滝廉太郎像です。

街中に残る記念館

廉太郎は20代で早逝していますが、12歳から14歳までの少年時代を過ごした居宅は修復され、現在記念館として一般公開されています。

館内にはここでしか見られない手紙や写真、直筆の譜面などの貴重な資料が見られます。(詳細の撮影は禁止)

屋敷も歴史を感じられる作りで、中庭からは下駄を履いて蔵や離れにも行くこともでき、

庭には馬小屋として使われていた岩穴や、狐の親子が現れていたところなどがあります。

滝廉太郎が思春期を過ごした懐かしい思い出が残る場所で、当時の面影が残る滝蓮太郎記念館です。

廉太郎トンネル

瀧廉太郎記念館から約3分ほど歩いたところにある廉太郎トンネルです。

場所は、竹田市歴史資料館から滝廉太郎旧居に向かう途中にある歩行者専用トンネルです。

長さ約15mと短いですが、中を歩くとトンネル内のセンサーが反応し、

瀧廉太郎の代表曲である「秋の月」や「荒城の月」「はとぽっぽ」のメロディが自動でランダムに流れます。

音が鳴るのを知らないで通ると、突然曲が流れてビックリしますが、、、

トンネル内に響くオルゴールのメロディは音響も良く、とっても風情があります。

麦蔵(むぎくら)

トンネルの周りにはお土産屋や和菓子店などがあり、ちょっとした休憩ポイントになっています。

中でもイチオシは、トンネルからほど近くにあるお土産屋の「麦蔵」さんです。

竹田の街中にある大豆や麦製品を扱うお店で、店内には大分の甘口醤油や味噌の量り売り、

昔懐かしい駄菓子や、可愛い雑貨などが並びます。

中でも麦蔵オリジナルのしょうゆソフトクリームが人気!

濃厚なバニラの中にさっぱり甘口醤油の香ばしさが口に広がる、和風のソフトクリームです。

まとめ

滝廉太郎が少年時代を過ごした旧居や、散歩にオススメなメロディートンネル、和風のソフトクリームなど、竹田ならではの城下町の雰囲気が漂うスポットです。

竹田に来られた際はぜひどうぞ。

名称:滝廉太郎記念館 たきれんたろうきねんかん
住所:大分県竹田市竹田2120-1
駐車場:歴史資料館の駐車場を利用

名称:麦蔵 むぎくら
住所:大分県竹田市竹田440
電話:0974-63-0020

※当サイト内に掲載している情報は取材当時のものです。時間の経過により内容が変化して、実際と異なる場合がございますので予めご了承ください。
また、お気付きな点はプロフィールのアドレスまでどうぞ。誤記など指摘していただけると助かります。

Banこの記事の編集者

投稿者プロフィール

ページを最後まで読んでくださってありがとうございます。よろしければツイッターのボタンを押して、フォローしてくださるとブログ更新のすごく励みになります!クリックよろしくお願いします。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

言語を翻訳

地域のイチオシ情報!

ページ上部へ戻る