権現岳神社-伊万里焼の里・大川内山にふさわしい!秘境にある神社【伊万里】

伊万里市の大川内山(おおかわちやま)は焼き物のまちとして有名です。

江戸時代には藩へ献上するための御用窯が置かれていました。

現在は秘窯の里(ひようのさと)として、約30の窯元が伊万里焼のお皿などを作っています。

今回はそんな大川内山にある権現岳神社(ごんげんだけじんじゃ)をご紹介します。

山の中腹にある神社

権現岳神社(岳神社)は大川内山の氏神様を祀っています。

場所は大川内山地区の南にある山の中腹です。

標高約280mのところで、大川内鍋島窯跡から丘のほうに登ったさきにあります。

※鳥居の前にある駐車場は有料のため、車は伊万里・有田焼伝統産業会館に置いてから登っていくほうがベターです。

権現神社坂をのぼっていくと、岳神社の入口である一の鳥居が見えてきます。

さらに2つの鳥居を過ぎると、段々になっている棚田が目の前に広がります。

だいぶ進んできましたが、まだまだ先に向かいましょう。

「のど」にご利益がある神様

棚田をすぎて三の鳥居を通過し、車道を渡ると四の鳥居がでてきます。

鳥居の横には水汲み場があり、こちらの湧き水は実際に飲むこともできます。

なお権現岳神社は「のどの神様」としても有名です。

鳥居のそばには、のどの病にご利益がある「のど地蔵」があります。

4つ目の鳥居からさらにつづく石段

4つ目の鳥居をくぐると、やっと参道までたどりきました。

ここからが本番で、その先には何段あるのかわからないくらい!?石段がずーっと山の上まで続いています。

途中から勾配がきつくなるので、普段から運動しない人にとってはとってもハード。

足元にはくれぐれも注意しながら、手すりを使ったり、途中の階段で休みながら少しずつ上りましょう。

体力的にきついですが、、、周りは森林に囲まれていて、マイナスイオンを感じます。

季節によって色々な植物を見ることができ、樹齢300年の杉の木など、神聖な力を感じるパワースポットもあります。

岩の中にある神社

やっとの思いで階段を登ると、洞くつのなかに神殿と拝殿が見えました。

こちらは自然にできた洞窟のように見えますが、実際は人の手によって彫ったもの。

社殿に合わせて大きな岩が見事にくりぬかれ、その先に社殿があるという圧倒される光景がひろがります!

神殿と拝殿はゴツゴツした岩の中にあり、見るからに秘境にふさわしいとても神秘的な雰囲気です。

拝殿は横向きに建っていて、ぐるっと回り込んだところが正面となります。

建物は今から約200年前の江戸時代にできたもので、伊万里市の要文化財になっています。

神殿には獅子や龍などこまかな彫刻されていて、歴史を感じられるたたずまいです。

こちらは昔、山伏の修験場として利用され、社殿の向こうは摩崖仏がならんでいます。

境内からは伊万里市を一望することができます。

この景色を見ることができるなら、がんばって登ってきた甲斐がありますね。

まとめ

山奥にひっそりと、知る人ぞ知る「権現岳神社」です。

かつて将軍家や諸大名に献上する最高級の磁器「鍋島」をつくる藩の御用窯として、守り続けられてきた大川内山。

そんな焼き物の氏神様をまつっている神社は、体力的にはハードな道のりですがそれだけの価値がある!

大川内山にふさわしい、まさしく秘境にある神社です。

大川内山に来られたらぜひどうぞ。

名称: 権現岳神社
住所: 佐賀県伊万里市大川内町1912
駐車場: 伊万里・有田焼伝統産業会館の無料駐車場を利用

※当サイト内に掲載している情報は取材当時のものです。時間の経過により内容が変化して、実際と異なる場合がございますので予めご了承ください。
また、お気付きな点はプロフィールのアドレスまでどうぞ。誤記など指摘していただけると助かります。

関連記事

【新型コロナの影響について】

新型コロナウイルスの感染防止による影響で、臨時休業など各施設の営業時間が変わっている場合があります。
お出かけされる前には、公式HPやSNSなどで最新情報についてご確認ください。

ピックアップ記事

言語を翻訳

地域のイチオシ情報!

ページ上部へ戻る