【門司】福岡に来た有名人シリーズその1・世界的なノーベル物理学者のアインシュタイン編

福岡にやってきた世界的に有名な偉人シリーズの第1弾。

今回やって来たのは、門司港レトロにある「旧門司三井倶楽部」です。

こちらは大正10年(1921年)に三井物産の接客・宿泊施設としてできた建物。

平成2年(1990年)に現在の門司港駅前に移築・復旧され、JR門司港駅と並ぶ国の重要文化財になっています。

重厚感あふれる建物は、木造2階建でヨーロッパの伝統的な工法で作られ、白い窓枠と茶色の骨組みの対比がおしゃれなデザイン。

内装はアールデコ風で大正モダンな雰囲気です。

館内には門司で生まれた女流作家の「林芙美子記念室」や、1階には和洋レストラン「三井倶楽部」もあり、当時のままの姿で営業されています。

あのアインシュタインが宿泊!

また、大正11年(1922年)には、ノーベル賞授賞の有名な物理学者のアインシュタイン博士が来日した際、福岡ではこちらに宿泊したことでも知られています。

ちなみに、福岡の大博劇場で行われた講演では、九州一円からなんと3000人の聴衆が集まったんだそうな。

なお、アインシュタイン博士が宿泊された2階のゲストルームは、現在は「アインシュタインメモリアルルーム」となっています。

当時の面影が残るお部屋

当時のベッドルームや浴室、宿泊当時に使用されたアンティーク家具など、今でも当時のままの状態で残され、常時見学が可能です。

タイルや水道の蛇口、バスタブなど、おしゃれでモダンな感じです。

なお、アインシュタイン博士は全国講演で日本に43日間滞在され、そのうち福岡では数日間をこの旧門司三井倶楽部で過ごしています。

世界的に有名なあのアインシュタイン博士が福岡にやって来た!

当時の面影が残る門司港レトロの旧門司三井倶楽部です。

名称:門司三井倶楽部 もじみついくらぶ
住所:北九州市門司区港町7-1
電話:093-332-1000
駐車場:付近の有料駐車場を利用

↓関連記事はこちら↓
・リンドバーグ編

・マリリンモンロー編

※当サイト内に掲載している情報は取材当時のものです。時間の経過により内容が変化して、実際と異なる場合がございますので予めご了承ください。
また、お気付きな点はプロフィールのアドレスまでどうぞ。誤記など指摘していただけると助かります。



Banこの記事の編集者

投稿者プロフィール

ページを最後まで読んでくださってありがとうございます。よろしければツイッターのボタンを押して、フォローしてくださるとブログ更新のすごく励みになります!クリックよろしくお願いします。

この著者の最新の記事

子供向け

  1. 福岡にやってきた世界的な有名人シリーズの第2弾。 今回ご紹介するのは冒険家として有名なリンドバ…
  2. 長崎にあるペットアニマルワールド「PAW(パウ)」です。 バイオパークの前にあるミニ施設場…
  3. 今回やってきたのは「長崎ペンギン水族館」です。 場所は長崎市の郊外で、海に面したところ…
  4. 大分にある高崎山自然動物園です。 こちらは自然動物園とありますが、いるのはとにかくお猿…
  5. 今回ご紹介するのはおんせん県・大分を代表する一大アミューズメントパーク、杉乃井ホテルの名物「地獄のイ…

アーカイブ

地域のイチオシ情報!

ページ上部へ戻る