福岡に来た有名人シリーズその2-「翼よあれが博多の灯だ!」リンドバーグ【福岡】

福岡にやってきた世界的な有名人シリーズの第2弾。

今回ご紹介するのは冒険家として有名なリンドバーグです。

チャールズ・リンドバーグは、今から90年以上前の大正時代(1927年)に実在したアメリカの冒険家です。

プロペラ機に乗ってニューヨーク〜パリの間、約5800kmを33時間以上もかかる単独無着陸飛行に初めて成功し、「翼よ、あれがパリの灯だ!」の名セリフで世界的に有名になりました。

そんなリンドバーグは、1931年(昭和6年)に世界一周中の途中、プロペラ機に乗って福岡に立ち寄っています。

なお福岡では、今でもリンドバーグのモニュメントが多数あります。

名島水上飛行場跡

まず、やって来たのはリンドバーグが降り立ったとされる福岡市東区の名島水上飛行場跡です。

こちらは現在は埋め立てられて住宅地になっていますが、通りには今でも「リンドバーグ通り」と名付けられています。

また、近くの名島海岸には岸壁にプレートがあり、この写真パネルにもリンドバーグが飛来したことが書かれています。

(次ページ)「福岡空港の国際線にあるモニュメント」に続く↓

ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

言語を翻訳

地域のイチオシ情報!

ページ上部へ戻る