筑後川昇開橋-開運やえんむすびのご利益も!日本で一番古い昇開式の可動橋【大川】

福岡と佐賀を流れる筑後川。

その福岡県大川市と佐賀市諸富町の県境にかかるのが「筑後川昇開橋(ちくごがわしょうかいきょう)」です。
画像1

開運スポットとして人気の「昇開橋」

この橋は旧国鉄時代の鉄道橋として昭和10年の竣工以来、大型船が通ると橋が上下する可動式橋梁としては東洋一の大きさ!

80年以上たった今でもちゃんと動く日本最古の動く橋です。

また、こちらの筑後川流域は昔から海運(=開運)が盛んで、この昇開橋も運気が上昇し、切り開く開運スポットとして人気があります。
画像1

なお、ローカル線の廃止に伴い、今ではこの橋一帯は遊歩道と公園として整備されています。

縁結びのパワースポット

この昇開橋は中央の昇開部分がまるで男女が向かい合ったように見えるので、今では縁結びのスポットとしても有名。

福岡側の橋のたもとには「幸福の鐘」があります。
画像1

この鐘は昔は船の安全のために使われていたものですが、今では人生の航路を安全に見守ってくれています。
画像1

※この鐘は鳴らすことはできずにシンボルとして駅舎の上に飾られています。

さらに近年では橋のたもとに家具のまち、大川の物産品が並ぶ「大川テラッツァ」もできました。

関連記事:【大川】有名な昇開橋のすぐそばにあるアンテナショップ「大川テラッツァ」

対岸の佐賀県まで歩いて渡れる散歩コース

また、橋がつながっている時は佐賀県側まで歩いて渡ることができます。
画像1

少し風が強い中を約500m歩いて対岸までたどり着くと、橋のたもとにはカップルがつけた鍵がいっぱい掛かっています。
画像1

こちらは恋人達の愛錠(あいじょう=愛情)があふれるラブスホットです。

ちなみに、佐賀県側の橋のたもとは、佐賀の特産品などが並ぶ「橋の駅ドロンパ」があります。

関連記事:【佐賀】有名な橋のすぐ近くにある佐賀のアンテナショップ「橋の駅ドロンパ」

まとめ

橋の真ん中部分がダイナミックに上下する!

約80年たった今でも動く日本最古の昇開式の可動橋です。

開運や縁結びのスポットとしても人気の「筑後川昇開橋」です。

なお、現地には車で行く方が便利なので、自家用車か「たびらいレンタカー」などレンタカーの比較サイトから探すと安く借りられます。
たびらいレンタカー 公式サイト

また、福岡での宿泊は、格安のホテル・旅館などを一括で比較・予約ができる「トリパゴ」の予約サイトで探すと、オフィシャルサイトよりも安いこともあるのでおトクです。
・テレビCMでも話題!ホテル料金比較のトリバゴ

福岡の大川や佐賀に来られた際はぜひどうぞ。

名称:筑後川昇開橋 ちくごがわしょうかいきょう
住所:佐賀県佐賀市諸富町大字為重石塚
駐車場:無料駐車場あり
筑後川昇開橋のページ

※当サイト内に掲載している情報は取材当時のものです。時間の経過により内容が変化して、実際と異なる場合がございますので予めご了承ください。
また、お気付きな点はプロフィールのアドレスまでどうぞ。誤記など指摘していただけると助かります。

Banこの記事の編集者

投稿者プロフィール

ページを最後まで読んでくださってありがとうございます。よろしければツイッターのボタンを押して、フォローしてくださるとブログ更新のすごく励みになります!クリックよろしくお願いします。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

言語を翻訳

地域のイチオシ情報!

ページ上部へ戻る