中冨記念くすり博物館-薬と健康がテーマのミュージアム【鳥栖】

今回やってきたのは佐賀県鳥栖市にある「中冨記念くすり博物館」です。

久光製薬の記念ミュージアム

2階建てのガラス張りでとってもオシャレな外観。

イタリア人で世界的な彫刻家の巨匠、チェッコ・ボナノッテさんが設計した、石とガラスで作られた独創的な建物です。

 

サロンパスで有名な医薬品メーカー、久光製薬の創業145周年を記念してできた、くすりがテーマのユニークな博物館です。

 

 

田代売薬に関する資料も展示

久光製薬がある佐賀県鳥栖市の田代町付近のエリアはむかしは対馬藩の飛び地で、今も昔も交通の要所として発展。

江戸時代には富山、大和、近江に並ぶ四大売薬のひとつとして「田代売薬」と呼ばれる家庭用の置き薬に関する製造や販売が盛んだった地域です。

館内では日本のみならず世界の薬のパッケージや、薬として昔から使われている植物など、膨大な資料やコレクションを展示。

現在の製薬業につながる発祥の地で、くすりに関するさまざまな文化や歴史を学ぶことができます。

昔のくすりやさんの雰囲気を再現

1階にあるアルバン・アトキン薬局は、今から100年以上前の19世紀末、ロンドンにあった実際の薬屋さんをそのまま移設しています。

まるで映画のセットみたいに再現された薬局の棚に薬品類もすべて当時のホンモノ。

その数2万点にもおよぶおびただしいビンが整然と並び、当時の薬局の雰囲気を味わえます。

2階にも多くの資料を展示

2階では江戸時代の薬屋さんを復元したセットや、珍しい生薬も多数展示。

漢方などの東洋医学と、近代的な西洋医学のいいところを取り入れながら発展していった日本のくすりの歴史や、江戸時代から昭和にかけて盛んだった田代売薬に関する資料などが展示されています。

薬売りのときに配られた、懐かしいおまけの紙風船などもあります。

 

屋外にある緑がいっぱいの薬草園

さらに屋外には薬木薬草園があります。

ミュージアムに隣接する庭園で、漢方薬の原料となる生薬など、約400種類もの薬用植物が植えられています。


 
実にさまざまな植物を鑑賞しながら、広々としている敷地内を散策できます。

薬草園では休憩スポットも点在しています。


 

まとめ

1995年に建てられたおしゃれな館内で、くすりをテーマに展示しているユニークな施設。


 

大人200円というリーズナブルな入館料で、薬と健康について学ぶことができる人気のミュージアムです。


 

鳥栖にこられた際はぜひどうぞ。

名称: 中冨記念くすり博物館
住所: 佐賀県鳥栖市神辺町288-1
時間: 10:00-17:00 月曜休
電話: 0942-84-3334
駐車場: 無料駐車場あり
中冨記念くすり博物館のページ

※当サイト内に掲載している情報は取材当時のものです。時間の経過により内容が変化して、実際と異なる場合がございますので予めご了承ください。
また、お気付きな点はプロフィールのアドレスまでどうぞ。誤記など指摘していただけると助かります。

関連記事

【新型コロナの影響について】

新型コロナウイルスの感染防止による影響で、臨時休業など各施設の営業時間が変わっている場合があります。
お出かけされる前には、公式HPやSNSなどで最新情報についてご確認ください。

ピックアップ記事

言語を翻訳

地域のイチオシ情報!

ページ上部へ戻る