かごしまの街中にある維新モニュメントめぐり(その2)【鹿児島】

NHKの大河ドラマで放映された「西郷どん」で人気の鹿児島。

そんな地元・鹿児島では、鹿児島中央駅と繁華街として賑わう天文館との1.5kmの間に、歴史モニュメント「時標(ときしるべ)」が点在しています。

今回は、前回に引き続き第二弾として、計7カ所あるうちの残り3つをご紹介します。

「イギリス艦、鹿児島湾に現る」

まずやって来たのは加治屋町交差点にある大山巌、西郷従道、山本権兵衛のオブジェです。

1862年(文久2年)薩摩藩の大名行列にイギリス商人が馬に乗ったまま入り込んで刀で切りつけられた生麦事件が発生し、この事がきっかけで1863年にイギリス艦が鹿児島湾に侵入。

イギリス艦の知らせを聞いて驚き、大山、西郷、山本の3人とも血相を変えて、一刻でも駆け付けようと港に急いでいるという緊迫したシーンを再現しています。

この事件は薩英戦争の発端となりましたが、その後はお互いに親睦を深め、イギリスの援助のもと倒幕へと歴史が動くきっかけに。

なお、大山巌(後の陸軍大将・大山元帥)、西郷従道(西郷隆盛の弟)、山本権兵衛(後の総理大臣)と、3人ともその後はそれぞれ明治政府において大きな功績を残しました。

「樺山、黒田、大いに語る」

次にやって来たのは、高見馬場交差点のモニュメントです。

安政5(1858)年に井伊直弼が大老になり、将軍の継嗣問題で薩摩藩を含む一橋派と激しく対立する混沌とした政治情勢。

そんな中、樺山や黒田など薩摩の若者たちが藩や日本の将来について日々語り合う場面を表現しています。

左は後に初代台湾総督となる樺山資紀、右は後に第2代内閣総理大臣となる黒田清隆です。

(次ページ)「島津重豪、薩摩の科学技術の礎を築く」に続く↓

ページ:

1

2

ピックアップ記事

言語を翻訳

地域のイチオシ情報!

ページ上部へ戻る