まるで自由の女神!?九州の玄関口にある部埼灯台【門司】

九州の最北端にある「部埼灯台」です。

こちらは1日に千隻以上の船が出入りし、昔は海の難所として有名な、関門海峡の東の玄関口にある灯台です。

駐車場から少し登った高台にあり、白い御影石でできた重厚で美しい灯台です。

こちらは慶應3年(1867年)に幕府が神戸を開港することを決めたとき、全国に設置された5ヶ所の灯台のうちの一つ。

「灯台の父」と呼ばれる英国人技師リチャード・ヘンリー・ブラントンの設計により明治5年に建てられ、九州に現存している洋式灯台としては一番古い灯台です。

さらにこの灯台は明治28年に輸入されたフランス製のレンズで動いていて、複雑で美しい回転式レンズは120年たった今も現役で光を発し続けています。

高台からの眺望もすばらしく、対岸の下関や周防灘の景色が望めるスポットです。

なお、灯台の横には巨大な電光掲示板(部埼潮流信号所)があり、関門海峡を航行する船舶に潮流の状況を知らせています。

さらに灯台に登る駐車場近くにあるのは、巨大な自由の女神像!?

こちらは1972年にできた「清虚」の像です。

なお、この清虚は実在の人物で、灯台ができる前の部埼沖で多くの人が遭難していることを知り、この難所から人を救おうと燈明台を建てました。

以来、74歳で亡くなる1850年までの13年間、雨の日も風の日も休むことなく徹夜で焚き火を燃やし続けました。

さらに、清虚の死後は村人に引き継がれて、明治5年に部埼灯台ができるまで続けられたそうです。

なお、灯台の近くには航海の安全を願い13年間火を焚き続けた僧清虚の偉業をたたえて復元された火焚場の跡もあります。

九州の玄関口に自由の女神!?明治時代から約150年の長い間、行き交う船舶を見守る部埼灯台です。

名称:部崎灯台 へさきとうだい
住所:北九州市門司区大字白野江
駐車場:無料駐車場あり

※当サイト内に掲載している情報は取材当時のものです。時間の経過により内容が変化して、実際と異なる場合がございますので予めご了承ください。
また、お気付きな点はプロフィールのアドレスまでどうぞ。誤記など指摘していただけると助かります。

関連記事

【新型コロナの影響について】

新型コロナウイルスの感染防止による影響で、臨時休業など各施設の営業時間が変わっている場合があります。
お出かけされる前には、公式HPやSNSなどで最新情報についてご確認ください。

ピックアップ記事

言語を翻訳

地域のイチオシ情報!

ページ上部へ戻る