【球磨】日本最大のスケール!神瀬の石灰洞窟

今回やって来たのは球磨郡球磨村にある神瀬(こうのせ)の石灰洞窟です。

入り口の駐車場スペースに停めて山道を少し歩き、

入り口に横たわる大木をくぐると、前方に巨大な洞窟が出現!

球磨川沿いの山中にぽっかりと空いた洞窟です。

日本一の巨大な洞窟

こちらは開口部の幅が約40m、高さ約17m、奥行き約70mもあり、日本で一番開口が大きい洞窟とされています。

なお、この洞窟は今から2億3000万年~1億4000万年以上前の中生代初期の石灰岩でできていて、長い年月をかけて雨水が断層にしみ込んでできた鍾乳洞(しょうにゅうどう)です。

また、こちらは江戸時代に書かれた文献でも紹介されるほど昔から有名なスポットで、2015年には名勝に指定されました。

洞窟に近づくとひんやりとした空気を感じて、夏でもかなり涼しいです。

また、天井には多数の鍾乳石があり、洞窟内には多くのイワツバメが生息しています。

さらに洞窟の入り口には熊野座神社が祀られていて、とっても厳かな雰囲気です。

こちらは今から約600年前の1427年に設立された神社で、地元では縁結びの神様として親しまれています。

願いがかなう石

また、熊野座神社にある石は「投げ石」と呼ばれ、社の奥にある池に願いを石に込めて投げ入れて、水の音がすれば願い事が叶うと言われています。

ちなみに、洞窟の手前40mほどは入れますが、奥の「御池」と呼ばれるくぼ地は崩落していて立ち入り禁止になっています。

また、洞窟内は「落石注意」と書かれているので安全には注意して見学してください。

神様の水と言われる長命水

さらに石灰洞窟へ向かう参道の入り口には「長命水」と書かれた看板があり、進むときれいな湧き水が流れています。

こちらは熊本県名水百選にも選ばれた水で、古来より神様の水と伝えられています。

なおこちらの地下水は昔から生活用水として利用され、水を汲んで持ち帰りができます。

巨大なスケールに圧倒される!日本最大の洞口を持つ「神瀬(こうのせ)の石灰洞窟」です。

名称:神瀬の石灰洞窟 こうのせのせっかいどうくつ
住所:熊本県球磨郡球磨村神瀬甲820
駐車場:無料駐車場あり

熊本県球磨郡球磨村神瀬甲820

※当サイト内に掲載している情報は取材当時のものです。時間の経過により内容が変化して、実際と異なる場合がございますので予めご了承ください。
また、お気付きな点はプロフィールのアドレスまでどうぞ。誤記など指摘していただけると助かります。

Banこの記事の編集者

投稿者プロフィール

ページを最後まで読んでくださってありがとうございます。よろしければツイッターのボタンを押して、フォローしてくださるとブログ更新のすごく励みになります!クリックよろしくお願いします。

この著者の最新の記事

関連記事

金運アップ

  1. 今回やって来たのは熊本の小国町です。 こちらの宮原地区には3つの開運スポットをめぐるユニークな…
  2. 長崎にある神崎神社です。 この神社は長崎で有名な女神大橋の近くにあります。 長崎の玄関口にある…
  3. 今回やってきたのは朝倉市にある「香山昇龍大観音菩薩」です。 筑後平野にそびえる観音様 …
  4. 今回やって来たのは、国東市にある富来路(とみくじ)ロードです。 こちらは、いかにも縁起…
  5. 阿蘇にある「赤水蛇石神社」です。 こちらは南阿蘇村の赤水にあり、白蛇様をご神体として祀っている…

子供向け

  1. 福岡にやってきた世界的な有名人シリーズの第2弾。 今回は冒険家として有名なリンドバーグです。 …
  2. 今回やって来たのは長崎にあるペットアニマルワールド「PAW(パウ)」です。 バイオパークの前にあ…
  3. 今回やってきたのは「長崎ペンギン水族館」です。 場所は長崎市の郊外で、海に面したところ…
  4. 大分にある高崎山自然動物園です。 こちらは自然動物園とありますが、いるのはとにかくお猿さんばっ…
  5. 今回ご紹介するのはおんせん県・大分を代表する一大アミューズメントパーク、杉乃井ホテルの名物「地獄のイ…

アーカイブ

地域のイチオシ情報!

ページ上部へ戻る