天領日田洋酒博物館-夜にはホンモノのお酒が飲める!ウィスキーのテーマパーク【日田】

今回やって来たのは、大分県日田市にある「天領日田洋酒博物館」です。

ウィスキーのテーマパーク

こちらはオーナーが30年以上かけて集めた洋酒やウイスキー関連グッズがいっぱいの、大人向けミュージアムです。

日田は天領水などがある名水として有名で、以前はニッカウィスキーの九州工場があったり、今でもサッポロビールの工場があるなどお酒の製造もさかんな土地柄です。

そんな日田にあるこちらの洋酒ミュージアムでは、巨大な蒸留釜やオブジェなど約2万点以上のコレクションを展示。

館内には国内や海外メーカーのウィスキーのボトルや、ポスター類などのノベルティーグッズなどが所狭しと並んでいます。

なお、館内は暗い中に鮮やかなネオンや輝くクリスタルガラスなど照明にも工夫され、楽しみながら鑑賞できます。

マッサンのポットスチル

ミュージアムの中央にある金色に輝く巨大な物体は、ウィスキーをつくるために必要なポットスチル(単式蒸留器)です。

こちらはニッカウヰスキーの日田工場が創業した当時、実際に使用されていた本物。

NHKの朝ドラ「マッサン」主人公のモデル、竹鶴政孝氏が設計・製造したとっても貴重なポットスチルです。

マッサンのコーナー

さらにこちらは「マッサン」に関するものも数多く展示。

日本のウイスキーの父と呼ばれ、ニッカウヰスキー創業者である竹鶴政孝氏やリタ夫人のゆかりの貴重な品々も充実しています。

ユニークなウィスキーボトル

さらにショーケースの中にはアメリカの禁酒法時代の未開封のボトルや、

1970年代に映画「ティファニーで朝食を」で有名なティファニー社とコラボしたボトル、

機関車やエルビス・プレスリー、マリリンモンローなど、実にさまざまなユニークなボトルを数多く展示しています。

※お土産・販売コーナーではノベルティやお土産も充実しています。

となりにはバーを併設

さらにこちらは隣にバーが併設され、昼間はミュージアム、夜はバーと時間帯によって来る人が変わるユニークな施設です。

樹齢100年日田杉を使った12mの長ーいカウンターでは、夜になるとハイボールやカクテル、ウィスキーなどを味わいながら大人の時間を楽しめます。

※昼間の見学ではジュースとお菓子をいただきながら休憩もできます。

まとめ

2011年にできた洋酒やウイスキーに関するとってもレアなテーマパークです。

ちなみにオーナーのあふれるウイスキー愛と情熱は、漫画「クッキングパパ」にも掲載されるほど!

個人蔵とは思えないほど充実したスケールのミュージアムは、夜はバータイムにもなる日田の穴場スポットです。

日田に来られた際はぜひどうぞ。

名称: 天領日田洋酒博物館 てんりょうひたようしゅはくぶつかん
住所: 大分県日田市本庄町3-4
電話: 0973-28-5266
時間: 博物館11:00~17:00 水曜休
Bar20:30-24:30 日曜休
駐車場: 無料駐車場あり
日田洋酒博物館のページ

※当サイト内に掲載している情報は取材当時のものです。時間の経過により内容が変化して、実際と異なる場合がございますので予めご了承ください。
また、お気付きな点はプロフィールのアドレスまでどうぞ。誤記など指摘していただけると助かります。

Banこの記事の編集者

投稿者プロフィール

ページを最後まで読んでくださってありがとうございます。よろしければツイッターのボタンを押して、フォローしてくださるとブログ更新のすごく励みになります!クリックよろしくお願いします。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

言語を翻訳

地域のイチオシ情報!

ページ上部へ戻る