町中に広がるアートな世界!津奈木町の彫刻めぐり(その1)【津奈木】

熊本の南部にある津奈木町(つなぎまち)です。

こちらは町のあちこちに屋外彫刻が点在するアートの町として有名です。

中でも町内の川にかかる3つの橋には金色に輝く彫刻があり、町のシンボルになっています。

薫風(くんぷう)/男性/津奈木大橋

両手を大きく広げ、とってもパワフルな感じ。

とっても勇敢な姿で、いまにも川にジャンプしそうなとっても勢いのあるアート作品です。

爽風(そうふう)/女性/あけぼの橋

こちらも両手を上げた健康的な金ピカの女性像です。

海からのきもちいい風が吹き、町が発展していくようにと願いが込められています。

こちらは像ができた当初、新聞やテレビ等で取り上げられ、町の顔として広く紹介されたシンボル的な像です。

風ん子(かぜんこ)/子供/茜橋

こちらも子供の元気な様子を表現した躍動感あるモニュメント。

タンポポの種が飛んでいくように、町の子どもたちが元気よく飛び立とうとしているところを表現しています。

この三体はいずれも「風」をテーマに製作され、2010年には表面の金箔が張り替えられ、今ではとっても金ピカに輝いています。

駅前にある千代(ちよ)の像

駅前には、江戸時代に実在した千代の銅像があります。

こちらは早くに両親が亡くなり、家族のため懸命に働いたことが殿様に認められ、褒美を賜ったお話がモチーフの像です。

馬を招き寄せるシーンがリアルに表現されています。

まとめ

町のあちこちに個性豊かな彫刻があり、ユニークなアートで人と人をつなぐ、熊本の津奈木(つなぎ)町です。

※その他の 津奈木町のアートなスポット はこちら↓↓↓
関連記事:【津奈木】町中に広がるアートな世界!津奈木町の彫刻めぐり(その2)

名称:津奈木町役場 つなぎまちやくば
住所:熊本県葦北郡津奈木町大字小津奈木2123
駐車場:無料駐車場あり

※当サイト内に掲載している情報は取材当時のものです。時間の経過により内容が変化して、実際と異なる場合がございますので予めご了承ください。
また、お気付きな点はプロフィールのアドレスまでどうぞ。誤記など指摘していただけると助かります。

関連記事

【新型コロナの影響について】

新型コロナウイルスの感染防止による影響で、臨時休業など各施設の営業時間が変わっている場合があります。
お出かけされる前には、公式HPやSNSなどで最新情報についてご確認ください。

ピックアップ記事

言語を翻訳

地域のイチオシ情報!

ページ上部へ戻る