「玉名展望館」テーマは宇宙!丘の上にあるアートな展望台【玉名】

本日ご紹介するのは、熊本県玉名市にある「玉名展望館」です。

場所は玉名市の南部、菊池川を望む桃田運動公園内の中にあり、市街を一望できる丘の上に建っています。

この建物はいったい何!?

玉名展望館は熊本県の「くまもとアートポリス」という事業の一環として、平成4年 (1992年)に造られた建物です。

一級建築士の高碕正治さんによって生み出された建物はまるでロボットや生き物のような!?とってもユニークな外観で、思わず見入ってしまうこと間違いナシです。

「くまもとアートポリス」とは?

くまもとアートポリスは、文化情報発信地としての熊本をめざした文化的資産を創造するプロジェクト。

機能性を追求した建築から、心の豊かさなどデザイン性も考慮した建築が社会的に求められるようになったことから、1988年に始まったプロジェクトです。

熊本県内にはこのプロジェクトによって建てられた施設が100を超えるほどある!アートポリス作品のひとつです。

高台にある玉名展望館

展望館は玉名市街を一望できる高台にあり、晴れた日には大牟田や有明海、雲仙普賢岳まで一望できます。

正式には「展望台」ではなく「展望館」という名称で、空に突き出す白い3本の矢がインパクト抜群!

その外観はまるでロボットのような?不思議な形をした建物です。

一目見た瞬間、一体これは何なんだ!?と思わずにはいられません。

不思議なモノにもかかわらず、強く引き付けられる魅力がある建築物です。

展望館の中に入ると、、、

玉名展望館は3階建となっていて、自由に出入りすることができます。

それぞれの階にはテーマがあり、

一階は、人々が触れ合う「地の座」 

二階は、周囲の自然と交わる「雲の座」 

三階の最頂部は、天空を望む「星の座」など、

建築物を通して人々と自然とが触れ合うことができるスペースになっています。

また、中央にあるタマゴ型の部屋は、ゼロの空間と呼ばれ、小宇宙をイメージしてつくられました。

内部は球体の空間になっていて、とても音がよく響きます。

一風変わった個性的なデザインは、まさに現代アートと言える建築物。

夜にはライトアップもあり、玉名の夜景を楽しみながら、夜空に浮かび上がる幻想的な風景を見ることができますよ。

まとめ

いかがでしたか。

玉名展望館はアート性が高く、実際に見ると写真だけでは伝わらないほどの迫力があります。

写真を見て、興味をそそられた方も多いのではないでしょうか。

ちなみにこのぶっとんだ建物をつくった高崎正治さんの建物は、九州では他にも鹿児島の「輝北天球館」がありますよ。

輝北天球館-日本一きれいな星が見える!ユニークな外観の天体観測スポット【鹿屋】

百聞は一見にしかず。玉名にお越しの際はぜひどうぞ。

名称: 玉名展望館 たまなてんぼうかん
住所: 熊本県玉名市大倉高田1144
駐車場: 無料駐車場あり
玉名展望館のページ

※当サイト内に掲載している情報は取材当時のものです。時間の経過により内容が変化して、実際と異なる場合がございますので予めご了承ください。
また、お気付きな点はプロフィールのアドレスまでどうぞ。誤記など指摘していただけると助かります。

関連記事

【新型コロナの影響について】

新型コロナウイルスの感染防止による影響で、臨時休業など各施設の営業時間が変わっている場合があります。
お出かけされる前には、公式HPやSNSなどで最新情報についてご確認ください。

ピックアップ記事

言語を翻訳

地域のイチオシ情報!

ページ上部へ戻る