「高杢島」干潮時のみ渡れる島!天草のモンサンミッシェルを見に行こう【上天草】

今回やって来たのは、熊本県の天草にある高杢島(たかもくじま)です。

高杢島は「天草のモンサンミッシェル」といわれているスポットなんですよ。

天草で観光スポットを探している方は、ぜひ参考にしてみてください。

高杢島(たかもくじま)とは?

熊本県にあるこの島は、別名「天草富士」と呼ばれています。

島全体は高杢山というバランスのとれた山がメインの島で、無人島になっています。

別名が天草富士というとかなり登るのが大変なイメージですが、実際は子供も気軽に登ることができるんですよ。

なぜモンサンミッシェル?

樋合海水浴場の向こうに、こんもりした高杢島があります。

実はこの高杢島、普段は島と陸地のあいだには海があり、離島になっています。

しかし、引き潮の時のみ島につながる道が現れて、島ヘ歩いて渡ることができます。

つまり、干潮という限られた時間のときだけしか行くことができないレアな島なので「天草のモンサンミッシェル」 と呼ばれているのです。

なお満ち潮の時は道が海に沈んでしまって島に行くことができないため、出発前に潮見表のチェックが必要です。

高杢島の近くにあるパールサンビーチ

高杢島の対岸にある海岸は、樋合海水浴場です。

海岸はパールサンビーチとも呼ばれていて、海辺からは島全体を眺めることができます。

また、夏には海水浴場として解放されるので、満ち潮の時は海水浴をたのしみ、引き潮になったら高杢島へ遊びにいくのがおすすめですよ。

島にあるかわいいミニ神社

近年ではパワスポとしても人気の高杢島では、島内にある山の中には小さな神社がたっています。

神社は島の麓にある鳥居から石段をほどのぼった、山の中腹のところにあります。

石段は山道の途中にある下宮までで、ここから山頂近くの上宮に向かう場合、急な斜面を登山することになります。(約30分)

登っている途中には、山道の隙間から見える海と島々の景色も素晴らしいですよ。

思っていた以上に急な坂道を転んだりしないよう気をつけ、途中で休憩をはさみながらやっとのことで山頂に到着。

高杢島の標高は138mほどで、山頂ちかくは周囲に木が生い茂っていて景色はよく見えませんが、めずらしいレンガ造りの神社があります。

一般的な登山ガイドには載っていない珍しい山で、なによりも富士山型のかっこいい外観と、普段は渡れない無人島というレア感があり、なんだかパワーをもらった気が、、、

ちなみに満潮時には戻れなくなる可能性があるため、山登りをする際は干潮時間を調べてから行ったほうがベターです。

また、サンダルなどは靴擦れを起こす可能性があるので、靴で行くのがおすすめですよ。

まとめ

いかがでしたか?今回は天草にある、引き潮でしか訪れることのできない高杢島をご紹介しました。

高杢島のあるビーチは、デートや休日の家族でのお出かけスポットとしても人気です。

天草に来られた際はぜひどうぞ。

名称: 高杢島 たかもくじま
住所: 熊本県上天草市松島町合津
駐車場: 無料駐車場あり

※当サイト内に掲載している情報は取材当時のものです。時間の経過により内容が変化して、実際と異なる場合がございますので予めご了承ください。
また、お気付きな点はプロフィールのアドレスまでどうぞ。誤記など指摘していただけると助かります。

関連記事

【新型コロナの影響について】

新型コロナウイルスの感染防止による影響で、臨時休業など各施設の営業時間が変わっている場合があります。
お出かけされる前には、公式HPやSNSなどで最新情報についてご確認ください。

ピックアップ記事

言語を翻訳

地域のイチオシ情報!

ページ上部へ戻る