御輿来海岸-美しい砂紋が見られる!有明海の絶景スポット【宇土】

今回やって来たのは、宇土半島の景勝地として有名な神輿来海岸(おこしきかいがん)です。

有明海で見られる海の芸術

場所は宇土半島の北岸に位置し、熊本から天草に向かう途中にある海岸で、美しい三日月型の砂紋がとっても有名。

自然の力でできたこの芸術作品は、近くで見るより山の高台など遠くから見るとより一層、しま模様の様子がわかります。

御輿来海岸の展望台

御輿来海岸には、丘の上に絶景を楽しむための展望デッキと駐車場があります。

注意点は、国道から入る場所がとってもわかりにくく、道が狭いこと。

「大榮稲荷神社」や「御輿来海岸 展望所」を目的地に進むと、車1台がやっと通れるような、すごく細い漁村の路地に入っていく感じで、少し難易度が高いです。

ところどころにある案内板をたよりにみかん畑の作業を進むと、展望台に到着します。

展望台には約20台ほどとまれる無料の駐車場と、角には1個だけ簡易トイレがあります。

なお、のぼりと下りは別ルートになるので、帰りは左に曲がって降りていきましょう。

展望台から広がる絶景

日本一の干潟の絶景スポット、御輿来海岸です。

有明海は干満の差が日本一の海で、潮が引いた干潮時の海岸には、10㎞にわたって風と波によってできた美しい砂の模様が出現。

自然の彫刻が見られるこちらの海岸は、日本の渚百選や夕陽百選にも選ばれる景勝地です。

日本書紀や古事記によるとその昔、景行天皇が九州にこられた際、その美しさから御輿(みこし)を止めて立ち寄られたとされることから名付けらました。

夕焼けが特にとてもすばらしく、しかも晴れた日で、干潮と夕日が重なるタイミングは年間でも20日以下ととってもレア。

そんな絶景の夕日を求めて多くのカメラマンが訪れます。

*干潮と日の入りが重なる日はとってもギャラリーが多くなるので、展望台の駐車場は早くからとっても混雑します。

丘の上には大榮稲荷神社があります。

入り口には、赤い鳥居がいっぱいのお稲荷さんです。

展望台には、鳴らすと幸せになる「月弓の鐘」があります。

まとめ

まるでグラデーションのような女性的で美しい砂模様が見られる絶景スポット。

展望台に来るまでが少し難しいですが、特に夕日で干潮の時刻になると、多くの方が訪れる人気の場所となっています。

宇土に来られた際はぜひどうぞ。

名称: 御輿来海岸 展望所 おこしきかいがん
住所: 熊本県宇土市戸口町
駐車場: 無料駐車場あり
宇土市のページでは干潮と日の入りの時間の一覧表があります。

※当サイト内に掲載している情報は取材当時のものです。時間の経過により内容が変化して、実際と異なる場合がございますので予めご了承ください。
また、お気付きな点はプロフィールのアドレスまでどうぞ。誤記など指摘していただけると助かります。

関連記事

【新型コロナの影響について】

新型コロナウイルスの感染防止による影響で、臨時休業など各施設の営業時間が変わっている場合があります。
お出かけされる前には、公式HPやSNSなどで最新情報についてご確認ください。

ピックアップ記事

言語を翻訳

地域のイチオシ情報!

ページ上部へ戻る