日本演劇界のパイオニア!川上音二郎-音楽の聖地シリーズ その1【福岡市博多区】

福岡にある音楽の聖地シリーズの第1弾!

今回は福岡が生んだ演劇界の神様、川上音二郎のご紹介です。
image

場所は地下鉄の中洲川端駅からすぐの、上川端商店街のアーケードの入口にあります。
image

日本の演劇界のパイオニア

川上音二郎は幕末の1864年に福岡で生まれた実在の人です。

福沢諭吉の書生から自由民権運動に参加し、やがて芝居を始めて一座を立ち上げ、風刺や政府批判を加えた歌詞の「オッペケペー節」が大人気になりました。
image

明治32年のアメリカでの興行や、翌年にはパリ万博での公演にも成功するなど、世界を駆けめぐった明治の演劇人です。

音二郎の「オッペケペー節」は日本人最初のレコードとなりました。
image

唄うときは陣羽織と袴でハチマキを締め、日の丸の扇を持つ、とっても派手な姿がトレードマークです。
image

博多座の出演者もお参りする神社

近くの沖濱稲荷神社には、音二郎の生誕記念碑があります。
image

image

かつて演劇界で活躍し世界公演も成功させた音二郎の輝かしい業績にあやかろうと、神社には博多座に出演する俳優さんがお参りする姿も見られます。
image

まとめ

日本の演劇のパイオニア!

演劇の世界で新しいジャンルを切り開き、日本初の世界的エンターテイナーとなった川上音二郎のモニュメントです。
image

※その他の 福岡にある音楽の聖地シリーズ はこちら↓↓↓
関連記事:昭和の歌姫「ひばり観音」-音楽の聖地シリーズ その2
関連記事:伝説となったフォークの聖地「照和」-音楽の聖地シリーズ その3

名称:上川端商店街アーケード
住所:福岡市博多区上川端町12-20
駐車場:付近の有料駐車場にて

名称:沖濱稲荷神社
住所:福岡市博多区古門戸町3
駐車場:付近の有料駐車場にて

※当サイト内に掲載している情報は取材当時のものです。時間の経過により内容が変化して、実際と異なる場合がございますので予めご了承ください。
また、お気付きな点はプロフィールのアドレスまでどうぞ。誤記など指摘していただけると助かります。

Banこの記事の編集者

投稿者プロフィール

ページを最後まで読んでくださってありがとうございます。よろしければツイッターのボタンを押して、フォローしてくださるとブログ更新のすごく励みになります!クリックよろしくお願いします。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

言語を翻訳

地域のイチオシ情報!

ページ上部へ戻る