城下に響く時の太鼓!ユニークなからくり人形のある公園【唐津】

唐津の北城内児童公園にある時の太鼓(ときのたいこ)です。

場所は唐津城から西に約500メートル、徒歩で約5分くらい歩いた二の丸交差点の角にあります。

小さな公園の中に高さ約8mとそれほど高い建物ではありませんが、木造で昔の火の見櫓のような櫓(やぐら)があります。

この場所は江戸時代、実際に時間を知らせる太鼓が置かれたのが始まりとされています。

そんな櫓(やぐら)が当時の絵図の基づいて再現され、昔は人が時刻に合わせて太鼓を叩いたり、鐘を鳴らしたりしていましたが、今では時刻に合わせてロボットが登場する、からくり時計になっています。

毎日、午前7時から午後7時までの一時間ごとに、毎時0分(正時)になるとドンドンと太鼓の音とともに扉が開いて、

やぐらの中から武士の人形がうやうやしく登場です。

やがて太鼓を打ち鳴らし、毎正時を知らせてくれます。

その後、一連の動作が終わったところで元の位置に戻り、

扉が閉まって、約3分間で終了です。

まとめ

今もなお城下町、唐津の街中に昔と変わらず 時を告げる太鼓の音。

力強い太鼓の音を聞いていると、当時の情景が目に浮かぶような演出と、人形が太鼓を叩く仕草がかわいい、ユニークなからくり時計です。

名称:時の太鼓 ときのたいこ
住所:唐津市北城内6-45
駐車場:付近の有料駐車場にて

※当サイト内に掲載している情報は取材当時のものです。時間の経過により内容が変化して、実際と異なる場合がございますので予めご了承ください。
また、お気付きな点はプロフィールのアドレスまでどうぞ。誤記など指摘していただけると助かります。

関連記事

【新型コロナの影響について】

新型コロナウイルスの感染防止による影響で、臨時休業など各施設の営業時間が変わっている場合があります。
お出かけされる前には、公式HPやSNSなどで最新情報についてご確認ください。

ピックアップ記事

言語を翻訳

地域のイチオシ情報!

ページ上部へ戻る