蘭牟田池-湖面に映える落羽松の木!ラムサール条約にも登録された池【薩摩川内】

今回やってきたのは、鹿児島県薩摩川内市にある藺牟田池県立自然公園(いむたいけけんりつしぜんこうえん)です。

薩摩川内の山奥にある湖

こちらは鹿児島の山奥にあり、周囲を山に囲まれた火山湖です。

周囲は約4キロほどのこじんまりとした、湖にような藺牟田池(いむたいけ)

まわりは遊歩道が整備され、手漕ぎのボートや池を周回するレンタサイクルも楽しめます。

湖畔には約2000本ほどの桜並木があり、春はさくら、秋は紅葉で多くの人々が訪れます。

湖畔には生態系を学べる施設のアクアイムもあります。

めずらしい浮島(うきしま)

中でも有名なのが「浮島」と呼ばれるもの。

池の中にある小島のように見えますが、、、植物が枯れて堆積し島のようになって池に浮かんでいます。

藺牟田池にはそんな浮島が300個近くあり、湿原でこれだけ見れるのは極めて珍しく、国の天然記念物に指定されています。

また、こちらは希少な野生動植物種であるベッコウトンボや、水鳥が生息する自然が豊かな湿地として、2005年にラムサール条約湿地として登録されています。

落羽松(ラクウショウ)の木

藺牟田池でインスタ映えするスポットとして人気なのが落羽松(ラクウショウ)の木です。

疎水の取水口の近くにある、池に生えた木で、遊歩道のすぐそばで見られます。

場所は池の周りをぐるっと回る途中に駐車場があるので、そこに車を止めて歩くほうが近いです。

もとは北アメリカ原産の落葉針葉樹で水がある湿原地帯を好み、根っこが水に浸かった状態で育つとても珍しい樹木です。

水面上に円錐形の木々が並ぶとっても幻想的な風景。

日本では沼杉(ぬますぎ)と呼ばれています。

幹の周りには木が呼吸するための根っこ(気根)がにょきにょきと出ています。

水の中から太い幹を伸ばした樹木が、水面に反射してキラキラと輝く姿はとってもキレイです。

近くには巨大な水車も

藺牟田池のすぐ近く、藺牟田池に行く途中にはとても巨大な水車があります。

名前は世界一郷水車(せかいいちごうすいしゃ)

高さ約13メートル、重量15トンの木造で、水車がまわっている姿はとてもダイナミックで迫力があります。

ちなみに1991年にできた当時は日本一でしたが、今では熊本や岡山にこれを超える水車があります。

地元に伝わる龍の伝説にちなんで、藺牟田池に向かう道沿いには龍のモニュメントもあります。

まとめ

鹿児島の山奥にあり、貴重な自然が残るとっても静かな藺牟田池。

池にぷかぷか浮かぶ浮島や、しずかな水面に生える落羽松など、絵になる風景が広がります。

幻想的な世界に引き込まれ、心癒される別世界のスポットです。

名称: 藺牟田池 いむたいけ
住所: 鹿児島県薩摩川内市祁答院町藺牟田
駐車場: 無料駐車場あり

※当サイト内に掲載している情報は取材当時のものです。時間の経過により内容が変化して、実際と異なる場合がございますので予めご了承ください。
また、お気付きな点はプロフィールのアドレスまでどうぞ。誤記など指摘していただけると助かります。

関連記事

【新型コロナの影響について】

新型コロナウイルスの感染防止による影響で、臨時休業など各施設の営業時間が変わっている場合があります。
お出かけされる前には、公式HPやSNSなどで最新情報についてご確認ください。

ピックアップ記事

言語を翻訳

地域のイチオシ情報!

ページ上部へ戻る