海に浮かぶ学問の神様!風光明媚な「荒平神社」【鹿屋】

今回やって来たのは、鹿屋市の天神町にある荒平天神です。

場所は県道68号線を根占に行く途中の海沿いにあり、海に突き出た小さな島の上に建つ神社です。

透明な海や白い砂浜、その砂浜の上にある真っ赤な鳥居がとても印象的!風光明媚なスポットです。

また、海岸からは開聞岳や桜島など錦江湾の美しい景色が広がり、海水浴場や釣り、ダイビングなどが楽しめます。

この島は干潮時にのみ島と陸地が地続きとなり、神社に参拝することができます。

ロープで登った
また、神社に参拝するには急な階段の先にある岩場を登る必要があり、

急な斜面を登るためのロープ付きでちょっとだけ探検気分を味わえます。

*なお、ヒールなどきれいな格好では登るのは難しく、下りてくる時も注意が必要です。

ちなみに、この神社の歴史は古く、創建は今から460年以上前の戦国時代、天文年間(1532~1554年)と言われています。

神社にはあの学問の神様、菅原道真公がまつられていて、受験シーズンには合格祈願などで参拝される方がたくさんいます。

また、こちらの社は昔一度炎上したそうですが、木造の御神体は奇跡的に残ったことからパワースポットとしても人気です。

*道路を挟んで駐車場やトイレも完備しているので、ドライブの途中に立ち寄りやすくて便利です。

白い砂浜の海岸とのどかな海の風景、小島の上にある神社など、みどころがいっぱいの荒平神社です。

名称:荒平天神 あらひらてんじん
住所:鹿児島県鹿屋市天神町
駐車場:無料駐車場あり

鹿児島県鹿屋市天神町 荒平天神

※当サイト内に掲載している情報は取材当時のものです。時間の経過により内容が変化して、実際と異なる場合がございますので予めご了承ください。
また、お気付きな点はプロフィールのアドレスまでどうぞ。誤記など指摘していただけると助かります。

Banこの記事の編集者

投稿者プロフィール

ページを最後まで読んでくださってありがとうございます。よろしければツイッターのボタンを押して、フォローしてくださるとブログ更新のすごく励みになります!クリックよろしくお願いします。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

言語を翻訳

地域のイチオシ情報!

ページ上部へ戻る