道の駅 原尻のすぐ近く!巨大なスケールの「原尻の滝」【豊後大野】

(大分の絶景シリーズその2)

のどかな田園風景にいきなり出現!道の駅の近くにある「原尻の滝」です。
image

「東洋のナイアガラ」

幅120m、落差20mと迫力満点のスケールで、日本の滝100選にも選定。

横に長い弓形の滝から豪快に流れ落ちる様子から「東洋のナイアガラ」とも呼ばれています。
image

120mもの横幅から滝つぼに向かって轟音とともに落下し、ゴォーッと鳴り響く姿は迫力満点!

遠くまで届く水しぶきはマイナスイオンによる癒し効果もあります。
image

この滝は道の駅から歩いてすぐの平野にいきなり現れるので初めての人はびっくり!

今から約9万年前に平地が陥没してできた珍しい滝です。
image

滝の周囲はぐるっと一周できる散歩コースがあり、いろんな角度から滝を鑑賞できます。

(1)上から見下ろすアングル

滝の上側は両脇に遊歩道があり、豪快に川の水が落ち込む滝つぼを見下ろせます。

崖のすぐそばまで近づくことができ、足がすくむほどの大迫力の風景が楽しめます。
image

(2)下から見上げるアングル

川に降りて滝のそばまで歩いて行くことができ、滝を見上げるとまるで壁のような雄大な姿を楽しめます。
image

(3)吊り橋からのアングル

正面にある木製のつり橋からは滝の全体像が良く見れます。

夜間はライトアップされ、幻想的な風景が楽しめます。
image

本場のナイアガラの滝はもってすごいので、本物と比べると拍子抜けするぐらい小さいですが地元の観光スポットになっています。

周辺は公園や道の駅も

原尻の滝を中心に周辺は公園として整備されています。
image

大分県で初めて指定された道の駅も隣接していて駐車場もあり、気軽に食事や買い物もできて便利です。
image

まとめ

これだけ巨大な滝が日本にあるのにはびっくり!ダイナミックな景観で、滝の迫力に圧倒されます。
image

のどかな田園風景と道の駅のすぐ近く。雄大な風景が広がる大分の「原尻の滝」です。

名称:原尻の滝 はらじりのたき
住所:大分県豊後大野市緒方町原尻410
駐車場:無料駐車場あり

※当サイト内に掲載している情報は取材当時のものです。時間の経過により内容が変化して、実際と異なる場合がございますので予めご了承ください。
また、お気付きな点はプロフィールのアドレスまでどうぞ。誤記など指摘していただけると助かります。

Banこの記事の編集者

投稿者プロフィール

ページを最後まで読んでくださってありがとうございます。よろしければツイッターのボタンを押して、フォローしてくださるとブログ更新のすごく励みになります!クリックよろしくお願いします。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

言語を翻訳

地域のイチオシ情報!

ページ上部へ戻る