豪快に流れ落ちる滝で縁結び!「沈堕の滝」【豊後大野】

大分県の豊後大野市にある沈堕の滝です。

駐車場からは少し離れていますが、歩いて近づいていくうちにゴーッという滝の音がどんどん大くなって来て、ドキドキワクワク。

*ちなみに上は大野橋の先にあるモニュメントから見た滝です。

いざ、沈堕の滝が出てくると4~5階建てのビルに相当する高さから、幅100m、高さ20mにわたり膨大な量の水が流れ落ちる様子は迫力抜群!

豪快に流れ落ちる水量の多さとその音に圧倒されます。

なお、こちらは「豊後のナイアガラ」とも呼ばれ、観光客にも人気のスポット。

この滝は昔から有名で、ちなみに室町時代に活躍した水墨家、雪舟が描いた「鎮田瀑図」(京都国立博物館蔵)のモデルにもなっています。

さらにこちらの滝では、流れ落ちる莫大な水量のエネルギー利用して、昔は発電が行われていました。

滝の近くには石造りの沈堕発電所跡地があり、西洋技術を取り入れた明治42年建設のアーチ型の美しい石造遺跡が残っています。

のどかな川の流れと100年以上の年月が経った廃墟。


かつて日本を電力面から支えた近代遺産です。

さらにこちらの滝は、大野川にかかる「雄滝」と平井川にかかる「雌滝」の2つの滝から構成されています。


男女の滝なので「夫婦滝」とも呼ばれ、良縁や縁結びのご利益があるパワースポットにもなっています。

縁結びや良縁に効く「豊後のナイアガラ」

マイナスイオンと自然のパワーをチャージできる!壮大なスケールの沈堕の滝です。

名称:沈堕の滝 ちんだのたき
住所:大分県豊後大野市大野町沈堕
駐車場:無料駐車場あり

※当サイト内に掲載している情報は取材当時のものです。時間の経過により内容が変化して、実際と異なる場合がございますので予めご了承ください。
また、お気付きな点はプロフィールのアドレスまでどうぞ。誤記など指摘していただけると助かります。

関連記事

【新型コロナウイルス肺炎について】

新型コロナウイルスの影響で日々状況が変化していますので、最新情報については各施設のHPをご確認ください。
また、外出自粛要請の出ている地域において、不要不急の外出はお控えください。
感染症の予防および拡散防止のために、咳エチケット・手洗い・アルコール消毒・マスク着用などを心がけるようお願いいたします。

ピックアップ記事

言語を翻訳

地域のイチオシ情報!

ページ上部へ戻る