【西都】日本の結婚式はここからはじまった!縁結びで有名な「都萬神社」

今回やって来たのは、宮崎県の西都市にある都萬神社(つまじんじゃ)です。

日本で最初の結婚式

こちらは続日本後記の中で承和4年(834年)に記載されているほど古く、由緒ある神社です。

さらにこちらは邇邇芸命(ににぎのみこと)が高天原から地上に降り立ち、妻の木花開耶姫命(このはなさくやひめのみこと)と日本初の結婚式(婚礼儀式)を行った場所。

そのためこちらに参拝すると恋愛がうまくいき、良縁にめぐりあえる!「縁結びの神様」として多くの女性が訪れています。

また3人の子供を無事に出産したことから、「安産の神様」としても知られています。

日本のお酒はここからはじまった

さらに境内には「日本清酒発祥の地」の碑があります。

これは木花開耶姫命(このはなさくやひめ)が三つ子の皇子を産んで母乳が足らなくなった時に、お乳の代わりに甘酒を与えたという言い伝えから清酒発祥の地とされています。

また母乳が足らなくても甘酒を作って三人の皇子を立派に育てたことから、「子育ての神」とも言われています。

くぐるとハッピーになる楠の木

さらに清酒発祥の碑の横には、千年クスの「洞洞木(どうどうぼく)」があります。

境内の千年楠で作られた木洞で、願いごとを心で言いながら潜り抜けるとその願いがかなうパワースポットとされ、多くの参拝者が潜っています。

なお、拝殿には長さは3.5mの「日本一の大太刀(おおだち)」があります。

こちらは今から560年以上前の1451年に献上されたという刀で、拝殿の壁に掛けられています。

女性の象徴とされる「くすのき」

さらに、境内には樹齢1200年で国の天然記念物に指定された大楠「妻のクス」がそびえています。

過去に2回、幹の空洞部分からの出火で幹の内部はほとんど焼け焦げて、どう見ても枯れているようにしか見えませんが、、、、、

幹から伸びる上部の枝からは葉が青々と茂っています。

まさに不死身の生命力!妻として家庭を支える、女性の強さを表しています。

日本で初めての結婚式が行われ、縁結びや安産、子育てなど女性に縁の深いご利益があることで人気の「都萬神社」です。

名称: 都萬神社 つまじんじゃ
住所: 宮崎県西都市妻1
駐車場:無料駐車場あり

※当サイト内に掲載している情報は取材当時のものです。時間の経過により内容が変化して、実際と異なる場合がございますので予めご了承ください。
また、お気付きな点はプロフィールのアドレスまでどうぞ。誤記など指摘していただけると助かります。

【ふるさと納税でさらにおトク】宮崎でオススメの旅館です!

【ふるさと納税】 日南海岸南郷プリンスホテル・ダブルルーム1室2名様1泊朝食付

Banこの記事の編集者

投稿者プロフィール

ページを最後まで読んでくださってありがとうございます。よろしければツイッターのボタンを押して、フォローしてくださるとブログ更新のすごく励みになります!クリックよろしくお願いします。

この著者の最新の記事

子供向け

  1. 福岡にやってきた世界的な有名人シリーズの第2弾。 今回は冒険家として有名なリンドバーグです。 …
  2. 長崎にあるペットアニマルワールド「PAW(パウ)」です。 バイオパークの前にあるミニ施設場…
  3. 今回やってきたのは「長崎ペンギン水族館」です。 場所は長崎市の郊外で、海に面したところ…
  4. 大分にある高崎山自然動物園です。 こちらは自然動物園とありますが、いるのはとにかくお猿…
  5. 今回ご紹介するのはおんせん県・大分を代表する一大アミューズメントパーク、杉乃井ホテルの名物「地獄のイ…

アーカイブ

地域のイチオシ情報!

ページ上部へ戻る