東田第一高炉跡-鉄のまちのシンボル!製鉄発祥の地モニュメント【北九州】

北九州の八幡にある東田第一高炉です。
image

日本の物づくりを支えた鉄工業

1901年に日本で初めての本格的な製鉄所として建設。

以来1972年(昭和37年)までの70年以上、日本の産業を支える鉄を作り続けてきました。
image

現在残っている高炉跡は第10次の改修で、日本で最初につくられた超高圧高炉です。
image

わが国の近代製鉄発祥のシンボルとして平成8年、北九州市の指定文化財になりました。
image

高炉の側面にある「1901」と書かれた大きなサインは、こちらで製鉄がはじまった1901年の火入れを記念に掲げられたものです。
image

ここを起点として周辺に多くの産業が立地するなど、北九州工業地帯を形成する主要な工場として日本の経済を支えてきました。
image

今では高炉跡やその周辺が整備され、自由に見学できる公園になっています。
image

鉄づくりに関する設備も多数

まわりは高炉に付属した設備なども復元。

高炉下にあるのは高炉で溶かした鉄を製鉄所に運んでいたトーピードカー(貨車)です。
image

image

高炉と共に稼働していた転炉などの付帯設備や、
image

高炉の中を見学できるなど、当時の鉄づくりの様子を学ぶことができます。
image

image

まとめ

ものづくり・ニッポンの原点にふさわしい、迫力満点の高炉です!
image

ここから日本の近代化が始まった、近代製鉄発祥の地。

鉄鋼と物づくりの街=北九州を象徴する「東田第一高炉」です。
image

名称:東田第一高炉跡
住所:福岡県北九州市八幡東区東田2-3-12
駐車場:付近の有料駐車場にて

※当サイト内に掲載している情報は取材当時のものです。時間の経過により内容が変化して、実際と異なる場合がございますので予めご了承ください。
また、お気付きな点はプロフィールのアドレスまでどうぞ。誤記など指摘していただけると助かります。

Banこの記事の編集者

投稿者プロフィール

ページを最後まで読んでくださってありがとうございます。よろしければツイッターのボタンを押して、フォローしてくださるとブログ更新のすごく励みになります!クリックよろしくお願いします。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

言語を翻訳

地域のイチオシ情報!

ページ上部へ戻る