【出水】美しいツルの姿がいっぱい!「ツル観察センター」

鹿児島の出水市にあるツル観察センターです。

毎年はるばるとやってくる大量のツルたち

この出水市では、毎年10月中旬になるとツルがロシアのシベリアから冬を越すためにはるばると日本にやって来ます。

なお、最終的には1万羽を超えるツルがやって来て、3月頃まで鹿児島の出水で越冬します。

*写真はセンターの前にあるレプリカです。

こちらに特別天然記念物のツルがやって来るようになったのは、薩摩藩が海岸の大規模な干拓を始めた17世紀後半頃からで、湿地帯で雑草や虫が多くツルが好む環境だったから。

そんな美しい自然が残る干拓地の前には展望所があり、11月1日から翌年3月の第4日曜日まで、冬のシーズン限定で越冬するツルを観察することができます。

多くのツルが見られる観察センター

期間中は冬の風物詩であるツルを見ようと、観察センターには多くの見物客で賑わいます。

なお、観察センターの1階は売店となっていて特産品の販売やカフェコーナーもあります。

また、2階の観察ルームでは双眼鏡で観察できたり、パネルやビデオでツルの情報が分かりやすく解説されています。

さらにセンター2階の展望室や屋上展望台からは、遠くの方まで天然のツルの姿を観察できます。

世界でもとっても珍しい冬の風物詩

毎年1万羽以上がやって来ますが、これだけの数が人里近くで越冬するのは世界中でも出水平野だけです。

大空を優雅に舞うツルの姿や、エサをついばむ姿などを間近で観察でき、広大な出水平野に集まるおびただしい鶴のすごい迫力に圧倒されます。

縁起物のツルが数多く飛来し、冬の一大風物詩として有名な鹿児島の出水市。ツルの美しい姿を見ることができ、訪れる人に感動を与えるツル観察センターです。

名称:出水市ツル観察センター
住所:鹿児島県出水市荘2478番地4
電話:0996-85-5151
駐車場:無料駐車場あり

※当サイト内に掲載している情報は取材当時のものです。時間の経過により内容が変化して、実際と異なる場合がございますので予めご了承ください。
また、お気付きな点はプロフィールのアドレスまでどうぞ。誤記など指摘していただけると助かります。

鹿児島での宿泊先を探すならこちら↓↓↓

鹿児島でのレンタカーを探すなら↓↓↓


鹿児島の定番お土産はこちら↓↓↓

鹿児島でのレジャー・遊び体験の予約なら↓↓↓

Banこの記事の編集者

投稿者プロフィール

ページを最後まで読んでくださってありがとうございます。よろしければツイッターのボタンを押して、フォローしてくださるとブログ更新のすごく励みになります!クリックよろしくお願いします。

この著者の最新の記事

子供向け

  1. 福岡にやってきた世界的な有名人シリーズの第2弾。 今回ご紹介するのは冒険家として有名なリンドバ…
  2. 長崎にあるペットアニマルワールド「PAW(パウ)」です。 バイオパークの前にあるミニ施設 …
  3. 今回やってきたのは「長崎ペンギン水族館」です。 長崎市の郊外にあるペンギンに特化した水族館…
  4. 大分にある高崎山自然動物園です。 こちらは自然動物園とありますが、いるのはとにかくお猿…
  5. 今回ご紹介するのはおんせん県・大分を代表する一大アミューズメントパーク、杉乃井ホテルの名物「地獄のイ…

言語を翻訳

地域のイチオシ情報!

ページ上部へ戻る