日本の鉄道はここからはじまった!鉄道発祥の記念碑【長崎市】

長崎の大浦海岸通り、長崎市民病院の前にある「わが国鉄道発祥の地」の記念碑です。

日本の鉄道発祥の地

解説パネルによると、日本で最初に鉄道が走ったのは江戸時代の末期(1865年)です。

グラバー園で有名なトーマス・ グラバーがこちらの海岸通りにレールを敷き、日本で初めて蒸気機関車を走らせたことから、長崎はSL発祥の地と言われています。

長崎で走った鉄道はどちらかと言えばデモンストレーションの意味合いが強く、約600mという短い距離で機関車が2両の客車を引きました。

この機関車と客車は英国から中国へ輸出する途中、日本で約1カ月間の試乗運転を行いました。

市内の公園にあるSL

長崎市賑町(親和銀行社員寮の裏)にある中央公園には美しいフォルムのC-57型SLがあります。
※中央公園に長年展示されていた蒸気機関車は老朽化のため2017年に撤去となりました。

日本で初めて鉄道が開通したのは7年後の明治5年の東京・新橋~横浜間で、こちらは乗客から料金をもらって本格的に営業運転を行いました。

日本で初めて人を乗せて走った本物の汽車!

集まった人はみんなオドロキの歓声を上げたとされる、日本の近代化のさきがけとなったモニュメントです。

名称:長崎みなとメディカルセンター(長崎市民病院)
住所:長崎県長崎市新地町6-3
電話:095-822-3151
駐車場:付近の有料駐車場にて

名称:長崎市中央公園
住所:長崎県長崎市賑町5−12
駐車場:付近の有料駐車場にて

※当サイト内に掲載している情報は取材当時のものです。時間の経過により内容が変化して、実際と異なる場合がございますので予めご了承ください。
また、お気付きな点はプロフィールのアドレスまでどうぞ。誤記など指摘していただけると助かります。

関連記事

【新型コロナの影響について】

新型コロナウイルスの感染防止による影響で、臨時休業など各施設の営業時間が変わっている場合があります。
お出かけされる前には、公式HPやSNSなどで最新情報についてご確認ください。

ピックアップ記事

言語を翻訳

地域のイチオシ情報!

ページ上部へ戻る