往年のレコードの音色にどっぷり浸かる!「音浴博物館」【西海】

長崎にある音浴博物館です。

場所は、佐世保から南に行った西海市の山の中。

大瀬戸町の雪浦ダムを抜け、ずっと山を登っていった先にあります。

なお、初めての場合は分かりにくいですが、近づくにつれて途中に案内板が出てきます。

駐車場に車を置いて歩いて向かうと、道から少し下がった場所に出てくる木造の建物が「音浴博物館」です。

こちらは山にある小学校の分校を修復した建物で、なつかしい昭和の香りがする外観です。

入館料500円を支払って入ると、ビクター犬と蓄音機がお出迎え。

初めて来た人には係員の方が成り立ちや展示物について丁寧に説明してくれます。

さらに廊下から部屋に入ると、大きな棚にはレコードがびっしり!

こちらはSPレコードで1万枚、LPレコード15万枚の合計16万枚を越す膨大なレコードのコレクションがある音の博物館です。

洋楽、邦楽、ジャス、クラシックなど、とんでもない種類のレコードが揃っていて、キレイにジャンル分けされています。

これらのレコードは所有するだけでなく、最大の特徴はこれらの貴重なレコードは聴き放題で、実際にその場で自由に視聴ができるところ。

自分の好きなアーティストやジャンルのレコードを選び、部屋の中央にあるプレーヤーにセットして、椅子に座ってのんびりと聴くことができます。

ちなみに、レコードの取り扱い方法やプレーヤーの操作方法などは係員さんに教えてもらえます。

さらに奥の建物ではいろんなステレオ・オーディオがあり、

色々なスピーカーの製造年代によって異なる音の違いを聴き比べたり、広がりのある音の臨場感を楽しめます。

なお、こちらは森の中で近所に民家などがなく、大音量で満足いくまで聴くことができます。

さらにこちらの博物館にはエジソンが発明した100年以上前の貴重な蓄音機など、様々なコレクションがいっぱい。

福山雅治のデビュー曲が入ったとってもレアな販促用サンプルレコードもあります。

福山雅治本人もレコード会社も所持していない、音浴博物館だけにある幻のレコードです。

また、昔の巨大なタイプライターや日用品など、昭和のかおりがするアンティークの珍しい物が多数展示されています。

ちなみに館内には食事を提供する設備がなく、近くにもレストランやコンビニが無い山奥です。

そのため一日中音楽を聴いてゆっくり楽しむなら、お弁当など軽食を持参した方がいいです。

なお、飲み物はセルフのコーヒーがありますが、貴重な機材やレコードばかりなのでこぼさないように注意しましょう。

また、こちらの再生プレーヤーには限りがあり、他にお客さんがいれば譲り合いとなりますが、時間帯によっては1人で聴くこともできます。

携帯は山奥で圏外になりますが、館内にはフリーWi-Fiがありネット環境はつながります。

まとめ

懐かしいレコードというアナログのやさしい響きに耳を傾けて、リラックスできる場所。

レコード針が拾うノイズにも風情があり、まるでタイムマシンのように昔の情景がよみがえります。

静かな森の中でゆっくり聴いて、すばらしい音に癒やされる!貴重で贅沢な体験ができる音浴博物館です。

名称:音浴博物館 おんよくはくぶつかん
住所:西海市大瀬戸町雪浦河通郷342-80
電話:0959-37-0222
時間:10:00-18:00
駐車場:無料駐車場あり
音浴博物館のページ

※当サイト内に掲載している情報は取材当時のものです。時間の経過により内容が変化して、実際と異なる場合がございますので予めご了承ください。
また、お気付きな点はプロフィールのアドレスまでどうぞ。誤記など指摘していただけると助かります。

Banこの記事の編集者

投稿者プロフィール

ページを最後まで読んでくださってありがとうございます。よろしければツイッターのボタンを押して、フォローしてくださるとブログ更新のすごく励みになります!クリックよろしくお願いします。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

言語を翻訳

地域のイチオシ情報!

ページ上部へ戻る