巨大なクジラのモニュメント・2カ所めぐり【長崎】

平戸・生月町博物館のクジラモニュメント

次にやって来たのは、平戸の北西部にある生月島。

こちらは江戸時代から続く捕鯨の基地として栄えました。

そんな島の博物館「島の館」の玄関前には、セミクジラの親子のモニュメントが出迎えてくれます。
image

image

ちなみに、クジラは日本では古くから宮廷で薬として食されていました。

やがて、戦国時代にはそのスケールの大きさから「国を丸呑みする」イメージや、クジラの声が「轟き渡る」イメージから、戦国武将に好まれました。

はらに、江戸時代には捕鯨が盛んになり、庶民の縁起物として広く食べられるようになりました。

そんな日本人とは馴染みの深いクジラの躍動感あふれるオブジェ。

捕鯨が盛んだった頃を今に伝える、巨大なクジラのモニュメントです。

名称:させぼシーサイドパーク
住所:長崎県佐世保市万津町 鯨瀬埠頭
駐車場:付近の有料駐車場にて

名称:平戸市生月町博物館
住所:長崎県平戸市生月町南免4289-1
電話:0950-53-3000
駐車場:無料駐車場あり
時間:9:00-17:00

※当サイト内に掲載している情報は取材当時のものです。時間の経過により内容が変化して、実際と異なる場合がございますので予めご了承ください。
また、お気付きな点はプロフィールのアドレスまでどうぞ。誤記など指摘していただけると助かります。

固定ページ:
1

2

関連記事

【新型コロナの影響について】

新型コロナウイルスの感染防止による影響で、臨時休業など各施設の営業時間が変わっている場合があります。
お出かけされる前には、公式HPやSNSなどで最新情報についてご確認ください。

ピックアップ記事

言語を翻訳

地域のイチオシ情報!

ページ上部へ戻る