東名縄文館-日本最古級がいっぱい!縄文の暮らしを今に伝える「東名遺跡」【佐賀市】

佐賀市にある東名縄文館です。
image

こちらで紹介されている東名遺跡は約7000年前という太古の昔、有明海の海岸線があった場所にドロが堆積し、運よく昔の遺跡がそのまま粘土質の地層に埋もれました。
image

そのためこの遺跡では日本最古クラスのものが多数出土する、知る人ぞ知る穴場スポットになっています。
image

日本最古級がゴロゴロ!

資料館に展示されているものは、「◯◯発祥の地」「◯◯のルーツ」と称されるモノがいっぱい!例えば、、、

まずは日本最古級の「網かご」です。
image

日本における手提げバッグやファッションの原点!?

かと思いきや、、、昔の人はもっと現実的で、地面に穴を掘ってこの網かごを入れ、中に木の実を入れて貯蔵する冷蔵庫の役割をしていました。
image

*ちなみに上のカゴはレプリカです。

遺跡では数百ヶ所の貯蔵用の穴があり、この網かごも多く見つかっています。
image

食文化やファッションの元祖!?

次に現れたのは、約7000年前の「木のお皿」です。
image

こちらは言わば日本の食文化の出発点!?

素朴で木のぬくもりのあるいろんなお皿が並んでいます。

次に出てきたのは、髪飾りの「櫛(くし)」です。
image

精巧に作られた木製のクシで、日本のファッションのルーツ!?

なお、この櫛は髪をたばねるために使われていました。
image

他にも首飾りや矢じり、貝塚などの出土品も展示されています。

7000年前のペットのご先祖様

さらには遺跡から出土したイヌのホネも、、、
image

これも国内最古級だそうで、日本におけるペットの元祖かも!?
image

日本最古のお面!?

さらにユニークなのが、こちらの木でできた「お面」です。
image

何に使われたかは不明ですが、紐を結ぶ穴もあり、人の顔をしています。

日本のお祭りの原点!?または、コスプレの発祥の地!?

とっても謎の多い、ロマンあふれる展示品です。
image

まとめ

食卓をいろどる食器や、おしゃれアイテムの櫛(くし)や首飾り、生活に便利な編みカゴなど、
image

約7000年前の縄文時代の暮らしを今に伝える展示品の数々!
image

知る人ぞ知る穴場スポットの東名遺跡資料館です。
image

名称:東名縄文館 ひがしみょうじょうもんかん
住所:佐賀県佐賀市金立町大字千布 巨勢川調整池内
電話:0952-40-7368
駐車場:無料駐車場あり
時間:10:00-13:00(土・日・祝は16:00)

※当サイト内に掲載している情報は取材当時のものです。時間の経過により内容が変化して、実際と異なる場合がございますので予めご了承ください。
また、お気付きな点はプロフィールのアドレスまでどうぞ。誤記など指摘していただけると助かります。

関連記事

【新型コロナの影響について】

新型コロナウイルスの感染防止による影響で、臨時休業など各施設の営業時間が変わっている場合があります。
お出かけされる前には、公式HPやSNSなどで最新情報についてご確認ください。

ピックアップ記事

言語を翻訳

地域のイチオシ情報!

ページ上部へ戻る