葉隠れ発祥の地-死にものぐるいでがんばる!世界に影響を与えた「葉隠」の精神【佐賀】

佐賀にある「葉隠れ発祥の地」の記念碑です。

九州自動車道の近くにある記念碑

場所は佐賀市る金立町にある金立公園や、金立サービスエリアの近くにあります。

長崎自動車道の下をくぐってすぐに看板や駐車場があり、

車をとめて道を進むと、、、

道沿いに「葉隠発祥の地」の石碑が出てきます。

階段をのぼると、発祥の地を示す「常朝先生垂訓碑」があります。

かつての佐賀藩で教えられた教育書

こちらには江戸時代の中期ごろ山本常朝という佐賀藩士が住んでいて、武士の心得について語った内容を記録したものが「葉隠」です。

全11巻からなり、佐賀藩では教育の柱として扱われるほど浸透した有名な書物です。

葉隠といえば「武士道とは死ぬことと見つけたり」という冒頭の一文が非常に有名です。

*写真は佐賀城歴史館のパネルです。

生きることに意味がある!葉隠れの精神

一般にはこの言葉だけが独り歩きして解釈され、あたかも死を求めることが武士道の神髄であるかのように受け止められがちですが、、、

続きを読むと実は決して死を賛美するものではないことが分かります。

すなわち、

・いつも「死」ぬ覚悟ができていれば逆に「生」を大事にすることにつながる。

・どんなに困難な状況でも、今日が最後かもしれないと思って常に全力を出し切り、いつも後悔のないようにベストを尽くす。

この「一瞬に生きる」ことが葉隠の本質で、「死ぬ気になってがんばることの大切さ」を書かれた哲学だということがわかります。

そんな葉隠の哲学は三島由紀夫やスティーブ・ジョブズなど後世の多く方々が感銘を受け、影響を与えました。

まとめ

常朝の偉業を偲んで建てられた「葉隠れ発祥の地」のモニュメントです。

名称:葉隠発祥の地 はがくれはっしょうのち
住所:佐賀市金立町大字金立黒土原
駐車場:無料駐車場あり

※当サイト内に掲載している情報は取材当時のものです。時間の経過により内容が変化して、実際と異なる場合がございますので予めご了承ください。
また、お気付きな点はプロフィールのアドレスまでどうぞ。誤記など指摘していただけると助かります。

Banこの記事の編集者

投稿者プロフィール

ページを最後まで読んでくださってありがとうございます。よろしければツイッターのボタンを押して、フォローしてくださるとブログ更新のすごく励みになります!クリックよろしくお願いします。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

言語を翻訳

地域のイチオシ情報!

ページ上部へ戻る