「旧唐津銀行」近代建築の父・辰野金吾による明治レトロな建築物【唐津】

今回やって来たのは、佐賀県唐津市にある歴史的建築の「旧唐津銀行」です。

辰野金吾がつくった近代建築

この旧唐津銀行は「近代建築の父」と呼ばれた辰野金吾氏によって設計されました。

辰野金吾の代表的な建築物は、東京駅や日本銀行本店など、日本の交通、経済を支えた重要なものばかりです。

そんな辰野金吾は出身が唐津だったことから、地元・唐津銀行本店の監修を依頼されました。

建物のデザインは、辰野金吾がイギリス留学時代に流行したヴィクトリア様式のひとつを日本化したいわゆる「辰野式」と呼ばれるもの。

同じ時期に東京駅の設計も手がけたため、いわば東京駅とは兄弟の建物で、どことなく雰囲気が似てるような!?東京駅のミニ版とも言える建築物です。

1912年の竣工から100年以上もそのままの姿を保っている赤レンガの西洋建築で、古さを感じません。

唐津の近代化を象徴する建築物として、佐賀県の重要文化財に指定されています。

当時の雰囲気を今に伝えるレトロな内装

銀行の内部も状態がよく保存されていて、重厚な木製の銀行カウンターや西洋式の大理石を用いた床、装飾が施された漆喰の天井など、当時の雰囲気がいっぱいです。

館内は無料で見学することができ、当時のままの銀行窓口に入って写真撮影したり、1階の奥には、実際に使用されていた本物の金庫もあります。

金庫の中にも入ることができ、さすが銀行らしく1億円のレプリカなるものも展示されています、、、、

2階では、郷土出身の辰野金吾氏の功績を紹介しているコーナーや、銀行が創業したころの唐津を紹介する資料などを展示。

石炭産業で栄えた、当時の唐津を知ることができます。

まとめ

旧唐津銀行は、JR唐津駅から徒歩で約10分ほどのところにあります。

レンガ造りで重厚感があり、ここだけ時がとまったかのような!?異国情緒の雰囲気がいっぱいの建物です。

街中でもひときわ目立つ建築物の中には、唐津が佐賀以上に繁栄していたことをうかがわせる展示もあって興味深いです。

唐津に来られた際はぜひどうぞ。

名称: 旧唐津銀行 きゅうからつぎんこう
住所: 佐賀県唐津市本町1513-15
時間: 9:00-18:00
電話: 0955-70-1717
駐車場: 有料駐車場を利用(銀行見学の場合、1時間以内は無料)
旧唐津銀行のページ

※当サイト内に掲載している情報は取材当時のものです。時間の経過により内容が変化して、実際と異なる場合がございますので予めご了承ください。
また、お気付きな点はプロフィールのアドレスまでどうぞ。誤記など指摘していただけると助かります。

関連記事

【新型コロナの影響について】

新型コロナウイルスの感染防止による影響で、臨時休業など各施設の営業時間が変わっている場合があります。
お出かけされる前には、公式HPやSNSなどで最新情報についてご確認ください。

ピックアップ記事

言語を翻訳

地域のイチオシ情報!

ページ上部へ戻る