【多良木】石に触れてパワーをゲット! でっかいパチンコのお神様

今回やってきたのは、九州の南にある熊本県の多良木町。

こちらにあるのが「1000年の目覚め 平成 悠久石(ゆうきゅうせき)」です。
画像1

場所は人吉ICを降りてさらに曲がりくねった山道(約50km)を2時間くらいかけて行った、すごい山奥にあります。
画像1

こちらの悠久石は大きさは直径約1.4m、重さは約4tの丸い形をした大きな石です。
画像1

なお、この石は平成18年夏の大雨で山道の斜面が崩れ、土砂に流されて突如現れた不思議な石です。
画像1

なぜこんな山奥に丸い石が??

解説によると数千万年前の岩が風化浸食でこんな形になったそうですが、、、

はたして本当かな???
画像1

これが自然の造形美として作られたとしたら本当に奇跡に近い!?完璧なぐらいまん丸の形をした石です。
画像1

この石ができた本当の答えは、次の3つのうちのどれでしょう?

(1)自然にできた天然石説

調査結果によると数千万年前の岩が風化浸食で割れて、流される途中で角が取れて丸くなったとあります。

しかし流されてこんなパーフェクトな形になる確立は奇跡に近いかも!?

また、もし本当にそうなら他にも丸い石が付近にもっとゴロゴロしていそうなものですが、、、

しかし、こんな風に岩が自然にまん丸になったという話は世界広しといえどもあまり聞きません。

(2)宇宙からの飛来説

やはりこんな丸い石は地球では作り得ず、隕石として落ちて来たものや、宇宙人が持つ高度な技術で作られたとする説です。

でもこんな山奥に一体何のため?

しかし、岩の組成は地球上でできた砂岩なので、宇宙からやって来た可能性は限りなく低いと考えられます。

(3)古代人が作った人工物説

これはこの地方の「球磨」の地名にもある通り、玉(球)を磨く技術を持った古代人がこの山奥で儀式をした際に納めた石が、たまたま土砂災害で流れ出たとする説です。

個人的には太古のロマンに想いを込めて、昔の球磨人から未来の子どもたちへのプレゼントだと思いたい!

しかし、どうやってできたかは永遠のナゾの不思議な石です。

触るとご利益があるとされ、ちなみにその形状からパチンコに勝つというもっぱらのウワサ!?

平成 18年に突如降臨!

1000年の眠りから覚めた奇跡(奇石)のパワーストーンです。
画像1

名称:千年の目覚め 平成 悠久石 せんねんのめざめ へいせいゆうきゅうせき
住所:球磨郡多良木町大字槻木580
駐車場:境内に駐車可
平成悠久石のページ

球磨郡多良木町大字槻木580 平成 悠久石

※当サイト内に掲載している情報は取材当時のものです。時間の経過により内容が変化して、実際と異なる場合がございますので予めご了承ください。
また、お気付きな点はプロフィールのアドレスまでどうぞ。誤記など指摘していただけると助かります。

検索用:熊本 球磨 巨大 岩 球体 玉 丸い 真ん丸 球形 巨石 パワースポット ご利益 パワスポ 参拝 観光 名所 隠れスポット パチンコ 神様 不思議 奇跡 珍しい 山奥 面白い 面白 おもしろスポット 口コミ 評判

Banこの記事の編集者

投稿者プロフィール

ページを最後まで読んでくださってありがとうございます。よろしければツイッターのボタンを押して、フォローしてくださるとブログ更新のすごく励みになります!クリックよろしくお願いします。

この著者の最新の記事

子供向け

  1. 福岡にやってきた世界的な有名人シリーズの第2弾。 今回ご紹介するのは冒険家として有名なリンドバ…
  2. 長崎にあるペットアニマルワールド「PAW(パウ)」です。 バイオパークの前にあるミニ施設場…
  3. 今回やってきたのは「長崎ペンギン水族館」です。 場所は長崎市の郊外で、海に面したところ…
  4. 大分にある高崎山自然動物園です。 こちらは自然動物園とありますが、いるのはとにかくお猿…
  5. 今回ご紹介するのはおんせん県・大分を代表する一大アミューズメントパーク、杉乃井ホテルの名物「地獄のイ…

アーカイブ

地域のイチオシ情報!

ページ上部へ戻る