【長崎】巨大な絶品茶碗蒸しで有名な「吉宗本店」

カステラやチャンポン、トルコライスなど、長崎が発祥の有名なグルメは数多くありますが、茶碗蒸しもそのひとつ。

今回、やって来たのは長崎市浜町にある元祖茶碗むしのお店、吉宗(よっそう)です。

地元では超メジャーなお店

なお、吉宗と言えば徳川8代将軍の吉宗(よしむね)が有名ですが、こちらの名前は(よっそう)と読み、長崎で茶碗蒸しと言えば知らない人がいないくらい!?地元では有名なお店です。

場所は多くの人が行き交う長崎の繁華街、浜町アーケード近くにあり、長崎観光の際に気軽に立ち寄れる絶好のロケーションです。

なお、こちらは今から150年以上前の慶応2年(1866年)に長崎市で開業した名店で、建物は昭和2年築のとっても和の雰囲気があります。

こちらは長崎の卓袱料理が食べられる料亭ですが、店の名物はなんといっても茶碗むし。

昼間は人気の茶碗蒸しや蒸し寿司のランチが気軽に食べられる、とっても庶民的なお店です。

木札を鳴らして来客を伝える昔ながらのおもてなしを受けて、二階の大きな座敷へ。

畳の大広間に通されて、注文したのは一番人気の茶碗蒸しと三色丼の定番メニューです。

名物のどんぶりに入った茶碗蒸し

なお、茶碗むしと言えば、プリンみたいに固まった湯のみサイズが一般的ですが、、、

こちらの茶碗蒸しは少し小さめの丼ぶりに入っていて、通常の3~4倍くらいのボリュームでとってもインパクトがあります。

しかも、中には11種もの山海の具材がたっぷり入っていて、トロトロにとろけるような舌触り。

かつお節と昆布ダシとの相性も抜群で、創業当時から受け継がれる伝統の味をいただけます。

また、もう一方のどんぶりには穴子の蒲焼きをそぼろ状にしたものや金糸卵、ピンク色をしたタラのおぼろが酢飯に乗ったカラフルな三色丼で、こちらもすごくおいしいです。

昔ながらの雰囲気で伝統の味が楽しめる!

地元の人々だけではなく、今では県外から多くの観光客も訪れる味の名所。

大きな茶碗蒸しと蒸し寿司で有名な吉宗本店です。

名称:吉宗 浜町本店 よっそう はままちほんてん
住所:長崎県長崎市浜町8-9
電話:095-821-0001
駐車場:付近の有料駐車場を利用
吉宗本店のページ

長崎県長崎市浜町8-9

※当サイト内に掲載している情報は取材当時のものです。時間の経過により内容が変化して、実際と異なる場合がございますので予めご了承ください。
また、お気付きな点はプロフィールのアドレスまでどうぞ。誤記など指摘していただけると助かります。

Banこの記事の編集者

投稿者プロフィール

ページを最後まで読んでくださってありがとうございます。よろしければツイッターのボタンを押して、フォローしてくださるとブログ更新のすごく励みになります!クリックよろしくお願いします。

この著者の最新の記事

関連記事

金運アップ

  1. 今回やって来たのは熊本の小国町です。 こちらの宮原地区には3つの開運スポットをめぐるユニークな…
  2. 長崎にある神崎神社です。 この神社は長崎で有名な女神大橋の近くにあります。 長崎の玄関口にある…
  3. 今回やってきたのは朝倉市にある「香山昇龍大観音菩薩」です。 筑後平野にそびえる観音様 …
  4. 今回やって来たのは、国東市にある富来路(とみくじ)ロードです。 こちらは、いかにも縁起…
  5. 阿蘇にある「赤水蛇石神社」です。 こちらは南阿蘇村の赤水にあり、白蛇様をご神体として祀っている…

子供向け

  1. 福岡にやってきた世界的な有名人シリーズの第2弾。 今回は冒険家として有名なリンドバーグです。 …
  2. 今回やって来たのは長崎にあるペットアニマルワールド「PAW(パウ)」です。 バイオパークの前にあ…
  3. 今回やってきたのは「長崎ペンギン水族館」です。 場所は長崎市の郊外で、海に面したところ…
  4. 大分にある高崎山自然動物園です。 こちらは自然動物園とありますが、いるのはとにかくお猿さんばっ…
  5. 今回ご紹介するのはおんせん県・大分を代表する一大アミューズメントパーク、杉乃井ホテルの名物「地獄のイ…

アーカイブ

地域のイチオシ情報!

ページ上部へ戻る